スポーツ界発展のための奨学金制度
BLFスカラーシッププログラムレポート

「スポーツ界に貢献したい」という若者の夢をBLFがサポート。©アスリートブランドジャパン

スポーツトレーナー志望の学生をサポート

NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)では、「BLFスカラーシッププログラム」という奨学金制度を設けています。

これは、アメリカでスポーツマネージメント、トレーニング、コーチングなどを学び、将来日本のスポーツ界に貢献したいと考える学生に向けて、留学費用の一部を負担するプログラムです。

2015年度の当プログラムでは、スポーツ留学会社のアスリートブランドジャパン株式会社に協賛していただき、仙台大学卒でスポーツトレーナー志望の根本貴志さんをサポートすることに決定しました。

根本さんはこの夏に渡米し、アリゾナの大学で英語を学びながらアスレティックトレーニングのノウハウを学んでいます。

現在は、おもにアメリカンフットボールの現場を週に3日サポート。まだ現場でできることが少ない見習いの身のため、水分補給や選手のアイシングの準備など基本的な業務が多いそうですが、毎日が発見の連続だといいます。

海外での課題は「英語力」

そして、やはり大きな壁となっているのが英会話。週に2日は英語の授業も受けているそうですが、文法やリーディングなど難しい宿題に圧倒される日々だそうです。

アスリートブランドジャパンのプログラムでは、トレーニングを学びながら英語の勉強も。©アスリートブランドジャパン