嗚呼、メディアは安倍官邸に完全に「骨抜き」にされてしまった!
~軽減税率導入と引き換えに、魂を売るのか

『週刊現代』官々愕々より

〔PHOTO〕gettyimages

アベノミクス「第二ステージ」の欺瞞

 

9月24日、安倍晋三総理が発表したアベノミクス「新三本の矢」。「アベノミクスは、『第二ステージ』へと移ります」と聞いたとき、誰もが呆気に取られた。

その狙いは何か。

安保法制が成立したが、国民の評判は最悪だ。来夏の参議院選が戦えないという党内の不満も強い。国民の関心をそらすため、「アベノミクス」と叫びたいところだが、その成果は株高だけで、それも最近は変調をきたしている。

このままでは、アベノミクス失敗の責任さえ問われかねない情勢だ。しかし、だからと言って、アベノミクスの看板を降ろすわけにも行かない。

そこで出てきた官邸官僚の秘策が「アベノミクス第二ステージ」。これは、政策失敗の時に、官僚たちが使う常套手段、「発展的解消法」だ。「第二ステージ」と言えば、前の政策を止めたことにはならない。

前の続きだといえば、前の政策の成否を議論する必要性も下がる。しかも、次のステージに移ったと言えば、前に進んでいるような印象も作れるのだ。

安倍政権最大の関心は、来年の参院選なので、中身は単なる夢の羅列でも問題ない。目標年次は先の話にしておけば良い。賞味期限は1年で十分。その間は、バラマキのオンパレードにすればよいという計算もある。

しかし、そんなに国民は単純だろうか。並べられた夢のような物語は、実現について何の具体的根拠も手段も示されず、誰が見てもただの人気取りに過ぎないということがよくわかる。マスコミもマーケットもあまり大きな反応はしなかった。

思惑は最初から外れたとも見える。

では、どうして、こんなに中身のないものを発表したのか。誰もがそう思うだろう。

そこには裏がある。それは、マスコミの姿勢だ。

メルマガ表紙
古賀茂明「改革はするが戦争はしない」フォーラム4

月額:432円(税込)
テキスト版:毎月第1・2金曜配信
動 画 版 :毎月第4金曜日配信
(旧タイトル:古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン)
「古賀茂明「改革はするが戦争はしない」フォーラム4」を購読する

古賀茂明「日本再生に挑む」最新の記事
古賀 茂明の書籍紹介