『相棒』新シリーズが今日から始まるけれど・・・
テレビ各局が競って「警察礼賛」番組を作るのはナゼ!?


Photo by Getty Images

信頼回復のためにテレビを利用?

今日から、人気ドラマ『相棒』の新シリーズが放映される。楽しみにしてるファンも多いことだろう。最近は、ドラマだけでなく民放各局が競うように「警察密着ドキュメント」を制作している。

その草分けは「川口浩の探検隊シリーズ」を生んだ『水曜スペシャル』(1974~86年、テレビ朝日)の人気企画の一つ「警視庁潜入24時」だ。昔はテレ朝の「オリジナルコンテンツ」だったが、現在、似たような警察ドキュメントが全民放で放送されている。

どうしてブームが続いているのか? その理由は、一定の視聴率が見込めて、しかもコストパフォーマンスが高いからだと聞く。

密着取材は長時間となり、難作業となるが、相手は警察だから、取材協力費等は発生しない。スタジオもセットも要らない。タレントが出演しないので、ギャラも不要。制作者側にとって都合の良いことだらけなのだという。

警察側にも損はない。警察が、ひたすら正義の味方として描かれるのだから。全国約29万人の警察官たちの士気高揚につながるだろう。リクルート活動にも好影響をもたらしているに違いない。これほどのPRはないはずだ。

だが、ドキュメントは本当に、現代の警察官たちの素顔を表しているのだろうか? もちろん、圧倒的多数の警察官たちは職務に忠実で頼もしい存在であることは分かっているが、最近の実態はドキュメントとは異なり、あまりにも不祥事が目立ち過ぎる。ドキュメントと実態の間に隔たりがあるように思えてならない。

ドキュメントを見る限り、警察官たちが事件を起こすとは到底思えない。「光」の部分ばかりが紹介されているからだろう。不祥事を防げない体質や構造である「影」が映し出されていない。本来のドキュメントとは、「光」と「影」の両面を捉えるものだが、現状は看板倒れになっているのではないか。

1月には大阪府警阿倍野署巡査長だった水内貴士被告(27)が、妻の存在が発覚したため、結婚前から交際していた女性(当時23)を殺害。あまりにも身勝手な犯行だった。

9月には埼玉県警浦和署地域課の巡査部長だった中野翔太被告(31)が元タクシー運転手(当時58)を殺した。金目当ての強盗殺人であり、凶悪犯罪だ。その動機は不倫相手との交際で金が必要だったためで、やはり身勝手極まりない。

殺人以外の不祥事まで挙げ始めたら、キリがない。警察官の任務とは、まずは市民の生命や身体、および財産の保護なのだか、真逆の警察官の出現が後を絶たない。ドキュメントとは、まるで違う。

96年には、神奈川県警外事課の警部補が不倫相手の女性と覚せい剤を使用した事実を、同県警が組織ぐるみで隠した。3年後の99年に隠蔽が発覚すると、同県警は猛批判にさらされた。

当時、叩き上げの同県警幹部と話す機会があった。幹部は「信用回復には10年は掛かるだろう」と表情を曇らせていた。その直後から、夕方帯のニュース番組内の企画コーナーやドキュメントで同県警の密着が目立つようになった。

同県警は信用回復のため、テレビを利用しようと考えた気がしてならない。ほかの警察本部にもテレビへの協力には何らかの思惑が隠れている気がする。まさかテレビ局に貢献するためだけに協力しているわけではないだろう。

そもそも釈然としないのは、警察側が取り締まりや捜査の様子を公開していること。普段、警察が秘密主義なのは知られている通り。とりわけ公安部門の内実は、まったくと言っていいほど明かされていない。となると、ドキュメントで明かされているのは、ほんの一部。警察にとって都合の良い部分だけだろう。それはドキュメントと呼べる代物なのだろうか。

民間企業が不祥事を起こした場合、その企業は番組スポンサーから降りたり、提供のクレジットを外したりする。自粛だ。ところが、1月、9月と警察官による殺人事件が立て続けに発生しながら、ドキュメントは流れ続けている。番組改編期の10月にも放送された。被害者の近親者の心中を推し量ると、無神経ではないか。殺しをやろうが、盗みを働こうが、それでも画面の中での警察は正義であり続けている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら