[サッカー]
田崎健太「山本昌邦の導き」

“お前は世界に行かないといけない”

松原良香は阪南大学を3日で退学した後、高校の同級生だった白井博幸の部屋に転がり込んだ。白井は東海第一高校を卒業した後、清水エスパルスに加入していた。何もせず、ごろごろしていた松原に白井も次第に呆れ、「いい加減にしろ」とぼやくようになった――。

高校卒業時、松原にはいくつかのクラブから誘いがあった。そこで地元の清水の他、ホンダ、ヤマハに入ることはできないかと打診したが、大学を中退した彼に対して色よい応えは返ってこなかった。

ヤマハの山本昌邦から電話があったのはそんなときだった――。


山本は19歳以下の日本代表のコーチでもあり、松原とは面識があった。前回の連載でも触れたように、松原は素行の問題で、19歳以下の日本代表には選ばれていなかった。

松原の記憶によると、山本から最初に「ユース代表に選ばなかったことを申し訳なかった」と謝られたという。そして、こう続けた。

「今回、世界に出られなかった。お前、分かっているよな。次、何をしなきゃいけないのか」

この年(1993年)の3月にオーストラリアで20歳以下の世界大会、ワールドユースが開催されていた。しかし、日本は自国で開催した第2回大会以外、アジア予選を勝ち抜けずにいた。

山本の優しい口調に好感を持ちながらも、松原は(俺を選ばないから出られないんだよ)と心の中で反発していた。そんな松原の心を動かしたのは、次の言葉だった。


「山本さんから“お前は世界に行かないといけない”と言われたんです」