【徹底分析】国会議員活動データでみる新内閣〜質問回数・質問時間・議員立法提出回数で中谷元氏が3冠

第3次安倍内閣の最多質問議員は中谷元氏

10月7日、内閣改造が行われ、第3次安倍政権の閣僚の顔ぶれが決まった。

これまでにも「国会議員三ツ星データ」として、国会議員の活動データを基に「三ツ星国会議員」を紹介する他、質問回数・議員立法提出回数・質問主意書提出回数などを全くしていない「オールゼロ議員」なども紹介してきたが、今回は、内閣改造を受けて、選ばれた閣僚たちの、国会議員としての、国会での実際の活動データを紹介しようと思う。

9月27日に閉会となった189通常国会については、現在集計中である。188国会も3日間の特別国会であったため、今回は182国会から昨年末の衆議院総選挙前、187国会までの2013年・2014年データを参照する。

まず、国会での質問回数について。衆参両院で、最も国会質問を行ってきた議員を見ていきたい。

第3次安倍内閣の閣僚の中で最多だったのは、182国会から187国会までの間に30回もの質問をした中谷元 衆議院議員(高知2)だ。30回という質問回数は、閣僚に限らず自民党内全体で見ても2位に当たり、衆議院全体でも71位と、極めて積極的に活動していたことが分かる。

次いで質問回数が多かったのが、8回の島尻安伊子 参議院議員(沖縄)。参議院議員なので単純比較はできないが、この回数は参議院全議員中154位に当たる。

3位は馳浩 衆議院議員(石川1)の7回で、衆院172位。4位が塩崎恭久 衆議院議員(愛媛1)の5回で220位。5位が石破茂 衆議院議員(鳥取1)の4回(253位)。6位が遠藤利明 衆議院議員(山形1)の3回(287回)、と続く。

7位は2回(衆320位・参233位)の4人、河野太郎 衆議院議員(神奈川15)、高市早苗 衆議院議員(奈良2)、公明の石井 啓一 衆議院議員(比北関東)、岩城光英 参議院議員(福島)が並び、ここまでが今回の閣僚のBest10となる。

ちなみに質問1回(衆363位・参254位)は3人、高木毅 衆議院議員(福井3)、森山裕 衆議院議員(鹿児島5)、丸川珠代 参議院議員(東京)だった。

残りは質問0回となるわけだが、そもそも閣僚の場合、国会質問に立つことができない事情を説明しておかなければならない。また、野党に比べて議員数の多い与党では、なかなか質問の順番が回ってこないといった状況があることも加えておきたい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら