AI
欧州の「全脳シミュレーション計画」が広げた大風呂敷と、その誤算
~スパコンによる再現はやはり不可能なのか

〔PHOTO〕iStock by Gettyimages

人間の脳の全容を解明し、それをスパコン上で再現(シミュレート)しようとする欧州の「ヒューマン・ブレイン・プロジェクト」が暗礁に乗り上げている。

●"Why the Human Brain Project Went Wrong--and How to Fix It" SCIENTIFIC AMERICAN, Sep 15, 2015

この巨大プロジェクトの目的は「認知症」など神経疾患の治療法をはじめ、強力なAI(人工知能)や、脳型プロセッサーを搭載した次世代ロボットなど超先端技術を開発することだ。

しかし総額12億ユーロ(約1,800億円)もの巨額予算を受けながら、ヒューマン・ブレイン・プロジェクトは「その開始から2年が経っても、ほとんど何の成果もあげていない」として厳しい批判に晒されている。

冒頭の「Scientific American」記事によれば、プロジェクト・リーダーは事実上更迭され、現在、研究体制の再編が進んでいるという。いずれは日米など各国政府が支援する脳研究プロジェクトにも何らかの影響を与えそうだ。

難病克服と産業競争力アップのために

これまでヒューマン・ブレイン・プロジェクトを指揮してきたのは、南アフリカ共和国出身の神経科学者(脳科学者)で、スイス連邦工科大学教授でもあるヘンリー・マークラム氏。

同氏は2006年、ス―パー・コンピュータ上で約1万個のニューロン(神経細胞)から成る人工脳をシミュレートして科学界の注目を浴びたが、その後は約1億個のニューロンを持つ「ラット(大型ネズミ)」の脳を再現すると宣言した。

これらの成果を引っさげ、マークラム氏は約1000億個のニューロンを持つ「人間の脳」さえもスパコン上で完全に再現できると主張。これを政府プロジェクトとして認めるよう、2009年から欧州委員会に働きかけてきた。2013年、この申請が正式に認可され、マークラム氏の全脳シミュレーション計画は「ヒューマン・ブレイン・プロジェクト」という名称でスタートした。

同プロジェクトは10年計画で進められ、欧州全域から130以上の研究機関と数百名の脳科学者やコンピュータ科学者らを募って研究が行われる。研究課題は13項目にのぼるが、まずは「大脳」や「小脳」、「脳幹」など人間の全脳を、ニューロン・レベルから分子レベルにわたって詳細に解明する。

次にこれら脳の全容(全脳マップ)をスパコン上で再現し、アルツハイマー病やパーキンソン病など重篤な神経疾患の治療法を研究。さらに、こうした脳研究の成果を基に、「人間のように考えるAI(人工知能)」や「ニューロモーフィック・チップ(脳の仕組みを模倣した新型プロセッサー)」などを開発。それを次世代コンピュータやロボットに搭載して、欧州の産業競争力を飛躍的に高めることを目指す。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら