[メジャーリーグ]
杉浦大介「“アンダードッグ”のヤンキースがプレーオフで勝ち進むために」

 前評判を覆してのPO進出

 「選手たちは幸福そうに、(クラブハウスで)子どもみたいに飛び回っているよ。監督として彼らが喜んでいる姿が見たいもの。プレーオフ進出はとても難しいんだ。162試合を戦って、プレーオフに出れるのは10チーム、1/3だけなんだからね……」

10月1日のレッドソックス戦に勝ってプレーオフ出場を決めた直後、ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は感慨深げな表情でそう語った。

(写真:10月6日のワイルドカード戦で田中将大はチームを背負ってマウンドに立つことになる Photo By Gemini Keez)

 ア・リーグ東地区の優勝こそ逃したものの、この日の勝利でワイルドカード獲得が決定。ピンストライプのユニフォームが、2012年以来、久々にポストシーズンの舞台に戻ってくる。

「春季キャンプ時点で、先発投手陣に多くのクエスチョンマークがあった。アレックス(・ロドリゲス)が生産的な打者に戻るかも疑われたし、テックス(マーク・テシェイラ)も故障あがりだった。ブルペンにも新しい選手が加わったばかりだった。ここにたどり着くまでに、本当に多くを乗り越えてきたんだ」

 ジラルディが語った通り、今季のヤンキースには不確定要素があまりにも多かった。しかし、そんなチームの中でロドリゲス(33本塁打、86打点)、テシェイラ(31本塁打、OPS.906)が予想以上の働きで起爆剤になった。さらに後半戦ではカルロス・ベルトランがベストヒッターとしてチームをけん引。おかげで今季の総得点ではブルージェイズに次ぐメジャー2位、本塁打数では同3位タイと意外にもハイレベルの数字を残してきた。

投手陣では田中将大、マイケル・ピネダ、ネイサン・イオバルディ、CCサバシア、イバン・ノバのすべてがDL入りを経験するなど、先発にケガ人が続出。それでもブルペンでジャスティン・ウィルソン、デリン・ベタンセス、アンドリュー・ミラーの“ビッグ3”が安定し、投手陣全般を支えた。

開幕前は勝率5割到達すら不安視されていたことを思えば、こうして前評判を覆してポストシーズンにたどり着いた時点で今季は成功とみなされてしかるべきなのかもしれない。ただ……かつて世界一を義務付けられていたヤンキースにとって、本来ならプレーオフ進出は予定調和の出来事だったはずだ。