[サッカー]
大野俊三「鹿島&代表、勝利へのこだわりを」

 今季の明治安田生命Jリーグも佳境を迎えてきました。J1リーグのセカンドステージは、残すところ5試合。上位陣はここからはいかに取りこぼしをせずに勝ち点を重ねていけるかがカギとなるでしょう。

 1位・サンフレッチェ広島、3位・浦和レッズとファーストステージでも上位の両チームの間に、僕の古巣・鹿島アントラーズがいます。広島とは勝ち点差3の2位。8位だったファーストステージとは打って変わって、好調です。

 その要因のひとつに石井正忠監督の就任がありました。ファーストステージ終了後、前監督のトニーニョ・セレーゾからバトンを受け取った石井監督は元々、コーチを務めていたこともあり、選手たちにとっては兄貴的存在です。指揮官の交代もスムーズに移行できたのではないでしょうか。

 石井監督は前監督が禁じていた紅白戦でのスライディングを解禁したと言われています。これには戦う姿勢を強調し、「闘志を表に出そう」というメッセージが込められており、チーム内での競争を激しくさせるものとなったのでしょう。

 まだ物足りない部分はありますが、試合を見ていて、球際の激しさであったり、ボールを追う姿勢から選手たちの意識の変化は感じられます。ファーストステージは2試合だった完封勝利も、セカンドステージは既に倍増しました。戦う集団への意識改革は、ディフェンス面で効果が表れたんだと思います。

 上位との対決を終え、残り5試合は中位のクラブと対戦します。ここから求められるのは内容よりも結果です。取りこぼさずに勝ち星を重ねていくことが、優勝のためには必要となってくるでしょう。