経済・財政 金融・投資・マーケット
株価急落ショック!世界の投資家が「新アベノミクス」に見切りをつけた!
~官僚さえも「弾が尽きた」と漏らす、三本の矢の脆弱さ

【PHOTO】gettyimages

世界が失望した「新アベノミクス」

安全保障関連法案を成立させて、245日に及んだ通常国会が9月27日閉会した。今後は安倍晋三首相が強調するように「経済最優先」に軸足を戻すことが最大の課題になる。

いまや世界のどこの国でも、国民の生活に直結する経済政策に失敗すれば政権の土台が揺らぐ。デフレからの脱却を目指したアベノミクスの成否は安倍内閣の死命を制する。

では「経済最優先」に舵を切りなおした安倍首相は次に何をやるのか。それを明らかにする第1弾が、9月24日に自民党本部で開いた自民党総裁としての記者会見だった。

党大会に代わる両院議員総会で、自民党総裁に正式に再選されたことを受けたものだったが、そこで「アベノミクスの第2ステージ」として『新3本の矢』を打ち出したのである。

第2次安倍内閣が発足して以来進めてきたアベノミクスでは、周知の通り①大胆な金融緩和②機動的な財政出動③民間投資を喚起する成長戦略――の「3本の矢」を掲げてきた。第2ステージになって今度は「新3本の矢」を掲げるというのである。

新しい3本の矢として安倍氏が掲げたのは第1の矢が「希望を生み出す強い経済」、第2の矢が「夢をつむぐ子育て支援」、第3の矢が「安心につながる社会保障」の3本。これによって「1億総活躍社会」を目指すとした。

肝心の「強い経済」では、GDP(国内総生産)600兆円という目標を掲げ、「戦後最大の経済」と「戦後最大の国民生活の豊かさ」を実現するとしている。直近のGDPは500兆円あまりだから、600兆円というのは果敢なターゲットである。そして、北海道から沖縄まで「地方創生」を本格化するとした。

キャッチコピーが山ほど盛り込まれたプレゼンテーションだったが、中味は著しく乏しい。新味のある具体的な政策が何も含まれていないのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら