「家庭崩壊」で行き場を失くした子どもたち~この国に居場所はあるのか?
虐待、両親の離婚と失踪、障害…
Photo by iStock

食卓に並べられた絹さやと牛肉の炒め物、水菜と油揚げのサラダ、ごはんと味噌汁…。田崎啓子さん(仮名、45歳)は養子縁組をした息子の龍太くん(仮名、5歳)に手際良くおかずを取り分け、恒良さん(仮名、47歳)も料理に手を伸ばす。ありふれた家族での食事風景。里子の安達洋平くん(仮名、16歳)は静かに家族の動きを目で追っている。洋平くんは1年前まで、そんな家庭の食卓を知らなかった。

特別養子縁組で家族になる

田崎夫妻は結婚をして10年経っても子どもに恵まれず、2年間の不妊治療を経験。あきらめようとした矢先に「特別養子縁組制度」の存在を知り、里親登録をした。1年の研修期間を経て子どもを受け入れる体制を整えたが、経験者は口を揃えて「ただ待っているだけでは話はこないよ」と言う。

2013年度、養子縁組希望里親登録数2,445世帯に対し、成立件数は267件にとどまっている。管轄する児童相談所が虐待対応に追われ人手不足となり、重ねて経験のある職員が異動するなど態勢の問題も指摘されている。民間のあっせん団体を含めても成立件数は474件と、ハードルは高い。

田崎夫妻は乳児院でボランティアを始め、児童相談所に積極的に働きかけた。その甲斐あって、登録から5ヵ月後に養子縁組を前提とした里親委託の話がきた。

「チャンスが少ないこともわかっていたので、話がきたときはとにかく嬉しくて、どんな子でも受け入れると覚悟を決めて乳児院に会いに行きました。それで、初めて会ったとき龍太が心なしか僕を見て笑ったんです。もうこの子だ、運命だ、と思いましたね」

恒良さんは生後5ヵ月の龍太くんと出会った瞬間の喜びを今でもはっきりと覚えている。しかしその後、2週間乳児院に通い、6ヵ月間家庭で養育し、家庭裁判所の審判を待ったが、そこから話が前に進まなかった。

「いよいよ龍太を息子として我が家に迎えられるというタイミングで、実母が親権を手放すことを拒否したんですね。実母はその間龍太の近くにいたわけではないんですが、やっぱり我が子を手放したくないと思ったんでしょう。ショックでしたが、どうすることもできませんでしたから」

親権を重視する日本では、子どもが親の意思によって振り回されてしまうケースも多い。田崎夫妻は、親権は実母にあるまま、1年間里子として龍太くんを家庭で養育した。結局実母が親権を放棄したため、田崎夫妻と龍太くんの間に養子縁組が成立し、親子になった。生後5ヵ月で出会った龍太くんは今、5歳になる。

「はじめはだっこをしても泣き止まなくて父になれるのか不安もありました。1歳を超えてコミュニケーションがとれるようになったときに初めて『パパ』と呼ばれたときは嬉しくて涙が出ましたね。

今は紛れもなく自分の子どもだと思っていますよ。そもそも夫婦だって血のつながりがなく、一緒に暮らすことで家族になる。家族に血のつながりなんて関係ないですよ」