[プロ野球]
佐野慈紀「去りゆく“戦友たち”へ」

 レギュラーシーズンの終了を待たずして、オリックス・谷佳知、中日・小笠原道大、和田一浩選手、東北楽天・小山伸一郎らが相次いで引退を発表しました。この中で、中日時代、同僚だったのが小山です。

 彼はドラフト1位入団の剛球派投手でした。地元(三重県)の出身ということもあって将来を嘱望されたのですが、コントロールが悪く、2005年に楽天にトレードされました。

 プロで芽が出たのは楽天に移ってからです。チェンジアップでストライクをとれるようになってから、安定感が増しました。

 どんなにボールが速くても、ストレート一本槍では通用しません。遅いボールを、どれだけストライクゾーンに勇気を持って投げ込めるか。それが彼の場合はチェンジアップだったのです。

 中日時代はヤンチャで有名でした。コーチに注意されると、プイと横を向いたりしていました。メンタルの弱さがそのままピッチングに表れていました。

 この手のタイプは、プロでは短命に終わるのが常ですが、中日、楽天で計17年間もユニホームを着ることができたのは、我慢することを覚えたからでしょう。中日時代、一番かわいがった後輩だけに、37歳での引退に対し、惜しみない拍手をおくりたいと思います。