IT
「大地殻変動時代」に突入した日本
〜自然界を監視するためテクノロジーの活用を!

小川和也×鎌田浩毅(地球科学者)
【PHOTO】gettyimages

かまた・ひろき●京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門は火山学・地球科学・科学コミュニケーション。1955年東京生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所主任研究官を経て現職。日本火山学会理事などを歴任。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。著書に『火山噴火』(岩波新書)、『富士山噴火』(講談社ブルーバックス)、『火山はすごい』(PHP文庫)がある。http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~kamata/

地震予知とテクノロジー

小川:火山学、地球科学において、テクノロジーはどのように活用されているのでしょうか。

鎌田:たとえば、短期的な災害を防ぐ観測ですね。具体的には地面で小さな地震が起こると、それを地震計でキャッチします。そこでまず、地面の細かい物理的な揺れを電気に変え、それを電波で飛ばして観測データにする。それらは全部テクノロジーです。

それから、マグマが出てくると山が膨れ上がるのですが、山が膨れるのはものすごく微弱なんですね。10キロ先の1ミリの隆起を傾斜計という計器で電気的に捉えます。

そのような機械を富士山の周りなどには50個ほど設置してあります。傾斜を測る、データを転送する、データを集める、データを解析する。まさに全てコンピュータ、テクノロジーによるものです。

山は天然だけれども、それと対峙しているのはテクノロジーなんですね。しかし最後は、それらの膨大なデータと状況証拠をもとに人間が判断をします。そこに至るまでの膨大なプロセスにおいて、すべてテクノロジーのお世話になっているんです。

小川:最後の人間の判断に至るまでのプロセスにおいて、テクノロジーが随分と寄与しているのですね。この10年、20年のスパンの中で、テクノロジーの寄与度、重要性は高まっているのでしょうか。

鎌田:地震をどのように捉えるかといえば、地震の揺れを電気信号に替えるわけです。昔は、地震で地面が揺れると針で増幅して、ドラムがあってすすに傷をつけながら見たのですね。

いまはそれを電気に変換して観測できるようになったわけですから、大きな変化ですね。電気工学、トランジスタが発達してぐっと前に進んだといえます。

さらにインターネットの時代になって、大量のデータを即時に送ることができるようになりました。電波でデータを送る、インターネットで共有するということができるようになったりと、階段を一段ずつ登るように、明らかにテクノロジーによって火山学は進歩したのです。

小川:なるほど。テクノロジーの力が増幅する一方で、人間の思考作業や役割を奪われる側面も懸念されるようになってきました。火山学、地球科学においては、テクノロジーを活用することで進歩はしたものの、最後の分析や判断で人間が果たす役割は大きいようですね。

鎌田:その通りです。データが世の中に行き渡り、ある程度ネットでも配信されるようになると、一般の人でもそれらを読むことができます。でもデータが多過ぎるので、そこに法則性を見つけ出すことは簡単ではなく、人間の知力、すなわち経験を積んだ科学者の能力が問われます。

有益な発見ができるか否かは、やはり目で見て、人間が決めるんですね。そこはコンピュータも全うできない。たとえば噴火が起こって、その周辺の人を避難させるかという線引きはコンピュータでも難しい。人間の直感、過去の経験、そういうものを総動員して避難区域の線を引く必要があります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら