[ボクシング]
杉浦大介「“メイウェザー以降”の支配者は誰か」

〜次代を担う4大スター候補たち~
メイウェザー対ベルト戦はソールドアウトにならず、PPV売り上げも惨敗とメイウェザー時代の終焉を感じさせる興行結果となった。

 時代の終焉――。9月12日のアンドレ・ベルト戦で判定勝ちを収めたフロイド・メイウェザーは、試合後に改めて現役引退を発表した。

 ボクサーの引退発表ほど信用できないものはなく、メイウェザーも来春にも復帰を表明する可能性は否定できない。ただ、いずれにしても、このスピードスターの時代が終焉に近づいているのは事実だろう。

 今後、19年に渡って米ボクシング界を沸かせてきた5階級制覇王者の後を継ぎ、“業界の顔役”となるのは誰か。ただ強いだけでなく、話題性、カリスマ性も備えていなければいけない。今回は4人の候補をピックアップし、その魅力と将来性を探っていきたい。

今後の伸びしろに注目

フェリックス・ヴェルデホ(プエルトリコ/ライト級/22歳/18戦全勝(13KO))

 完全な先物買いであることは先に断っておきたい。ヴェルデホは今年6月にHBOデヴューを果たしたばかりで、まだ世界タイトルを保持したことはない。それでも彼の試合を一戦でも観たことがあるファンなら、多くの関係者がこの若者にエキサイトしていることを納得するのではないか。

「フェリックス・ヴェルデホという名前を覚えていた方がよい」

 プエルトリコ出身の記者仲間からそう聴いたのは、まだプロデヴュー直後のこと。スピード、十分なパワー、電光石火のコンビネーション、何より抜群のカリスマ性を誇るヴェルデホは、確かに将来を嘱望させるスターパワーを備えている。

爽やかな笑顔もヴェルデホの魅力。今後、英語を覚えられるかどうかもアメリカで人気を得るために重要な要素だ。

 アメリカの自治領という微妙な立場の島国の人々は、これまで自らの夢を投影できる母国出身ボクサーを熱狂的に支持してきた。ウィルフレッド・ベニテス、フェリックス・トリニダード、ミゲール・コットといった同国の華やかな王者たちの系譜を継ぐとすれば、この少年か。

 もちろんまだ証明されていない部分は多く、今後1〜2年の伸び幅に注目が集まる。タフネス、拳のケガへの疑問を払拭できれば、将来は明るい。タイプ的にはコットよりもトリニダードに近い華やかなパンチャーが、世界中のファンを歓喜させる日は間近に迫っているのかもしれない。

 同じく戴冠前の他の注目選手 エロール・スペンスJr(アメリカ/ウェルター級/25歳/18戦全勝(15KO))