東京にはまだまだこんなに「観光資源」が眠っている!
【舛添都知事日記】
〔PHOTO〕gettyimages

訪日外国人旅行者数は過去最多ペース

最近、東京都内では多くの外国人観光客に出会う。

浅草、銀座、日本橋、新宿、渋谷などでは、観光のみならず、ショッピングに精を出す元気な外国人の姿に接する。また、谷中などの下町や、神楽坂など、しっとりした雰囲気の路地を好む玄人肌の"ガイジンさん"たちも多い。2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を控えて、これは嬉しいかぎりである。

東京が発展するためには、まずは経済が好調でなければならない。水素社会、国際金融センター、ライフサイエンス拠点などの様々な構想は、そのための施策であるが、観光もまた、東京に富をもたらす産業である。

その観光は現在、ロンドン、ニューヨーク、パリなどの大都市に比べて、まだまだ低調である。つまり、今後もっと伸びる余地があるということで、これを一大産業に育て上げる必要がある。

日本を訪ねた外国人旅行者は、昨年1年間は1341万人だったが、今年は既に9月10日までで、1342万人と、それを上回った。観光庁の見通しでは、今年の年間旅行者数は1900万人に達するという。

政府は、2020年までに、年間2000万人という数字をあげているが、その目標は来年にも到達できそうであり、目標数の上方修正をしなければならないようだ。

都内各地で、「爆買い」をしている中国人観光客をよく見かけるように、彼らはまた、お金も落としてくれる。7月の旅行収支は1,295億円の黒字であり、これが日本経済を支えてくれている。デパートなど商店の売り上げも上昇しているし、それが都税収入の増加にもつながっている。