[サッカー]
田崎健太「落ちこぼれ寸前の若き日々」

~松原良香Vol.3~

社会人チームに練習参加

 プロのサッカー選手は子どもの憧れの職業である――。

 とはいえ、本人がどれだけ努力しても、あるいは、親が熱を上げて金や時間をかけたとしても、プロの壁を越えることは簡単ではない。才能はもちろん、運や縁が必要になってくる。サッカー選手に限らず、こうした志望者が多い職業に就く人間は、必ず周囲からの引き立てがあるものだ。

 その意味で松原良香は子どもの頃から、引っ張り上げられる何かを持っていたといえる。
 中学3年のとき、松原はPJMフューチャーズの練習に参加した。

 フューチャーズは87年に静岡県浜松市を本拠地に結成されたクラブチームである。後にディエゴ・マラドーナの弟、ウーゴ・マラドーナがプレーし広く名前を知られるようになった(94年にホームタウンを佐賀県鳥栖市に移転し、鳥栖フューチャーズと改名。97年に解散した後、サガン鳥栖に引き継がれた)。

 松原が選ばれていたジュニアユース代表がフューチャーズの練習場、佐鳴湖グラウンドを使っていたこともあり、中学校の部活が終わった後、高校に入るまでうちで練習すればいいと誘われたのだ。

 嬉しかったか訊ねると松原は「嫌でしたよ」と大きな声で笑った。
「ぼくは当時15才ですよ。相手は大人。特別扱いはなしで、監督からはちゃんとやれと言われるし。佐鳴湖まで1時間ぐらい自転車で通うのも大変でした。坂がとにかく嫌でしたね」