なぜパタゴニアは輸入代理店を通さず、わざわざ日本支社をつくったのか?

環境経営の元祖、その「哲学」と「らしさ」
辻井隆行・日本支社長

米国発のアウトドア・アパレルメーカーのパタゴニアは1988年に日本支社を立ち上げた。同社は、「社員をサーフィンに行かせる」ことでも有名な環境経営の元祖だ。日本進出に際して、創業者のイヴォン・シュイナードは輸入代理店に依頼せず、わざわざ支社を立ち上げたのはなぜか。辻井隆行・日本支社長に聞いた。

――パタゴニアには、社員は勤務時間帯でも自由にサーフィンやトレッキング、スキーなどアウトドアスポーツに行くことができるという制度があります。

辻井:はい。周囲の理解が得られて、業務に支障をきたさなければ、基本的にはいつでもアウトドアスポーツに出かけてもよいことになっています。

――どうして、このような制度を設けたのでしょうか。

辻井:理由はいくつかあります。一つは、社内で取り扱っている製品の半分がアウトドアスポーツ用のウェアですから、アウトドアスポーツのスペシャリストが社内にいることはすごく大事になってきます。

たとえば、来店したお客さんから「アラスカにオーロラを見に行くのですが……」とたずねられたときに、「アラスカには行ったことないんで、よく分かりません」なんて対応されたら困るじゃないですか。

たとえその店にはいなくても、別の店舗に、アラスカに行ったことがあるスタッフがいれば、電話して聞くことができます。まずは、「社員自身が一番の顧客になる」ということを大切にしています。

――接客対応に効果があるのですね。

辻井:接客にも効果が出ますし、社員の信頼関係を構築することにもつながります。アウトドアスポーツは天候に左右されるので、前もって計画を立ててもその通りに行くとは限りません。良い波が来たその日に、サーフィンをしたいとなれば、意識的に常に準備をしておいて、その結果、フレキシブルに対応ができるようになります。

周りの人を説得するのに、「今回は(スポーツに)行かせてもらうから、次回はおれがやっておくよ」などといったコミュニケーションが生まれます。また、急に社員が抜けても、会社としての機能が保たれるよう、他の社員の仕事内容を理解することも心がけてもらいたいと願っています。

それから集中力が高まる効果もあると思います「サーフィンに出掛けるためには、この課題は、この日までにやっておかないといけない」と思うと、ものすごく集中できるものです(笑)。