21世紀はなぜ“木の世紀”なのか? 隈研吾さん「正しい建築に最重要なのはサステナブル」
木造建築を競い合う流れが起きていると話す隈さん 写真:廣瀬真也(SPREAD)

世界的な建築家である隈研吾さんは「21世紀は木の世紀になる」と考える。木材の技術開発は進み、耐火・耐久性能が上がった。隈さんは、「木材が最先端な材となったいま、世界の建築家は、サステナブルな木造建築で競い合っている」と話す。

――日本に流通している約7割の木材は外国産で、証明書はありますが、違法伐採されたものなど、「グレーな木材」と言われています。国産材の利用は3割ほどですが、この割合を増やしていくためには、建築家やデザイナーの意識から変えていく必要があると思っています。

隈:木材とコンクリートなどのハイテクノロジー素材は対比されて語られてきたが、今はその対比はなくなっている。技術開発によって木材は、欠点とされていた耐火性能も高まり、最先端な材となった。

世界中の建築家にとって、木材は誰もが関心を持たざるを得ないものとなり、木造建築の分野で競い合うようになりだした。

「傷が分かる」が耐久性

――建築家が木材に関心を持ち出せば、21世紀は「木の世紀」になっていくということでしょうか。

隈:たぶん、最終的にはそうなると思う。1995年くらいから、「木造ルネッサンス」の時代だと感じている。

――建築において、環境やサステナブルへの意識はどうでしょうか。

隈:正しい建築とは何かと考えるときの基準で、最も重視するものが、「サステナブル」である。木は、中に二酸化炭素を取り入れることができる。燃やしてしまったら、また二酸化炭素が出てしまうが、大事に長く使うことが一番、地球温暖化の防止につながる。

子どもの頃、つみきに夢中になったことがきっかけで建築家を目指すようになった 写真:廣瀬真也(SPREAD)

――隈さんはこれまで、木を組んだ建築物を設計されてきましたが、木造とコンクリートでは、耐久性の違いはありますでしょうか。

隈:素材だけの性能でいうと、木のほうが優れている。コンクリートは、弱ってきたときに見た目では分からない。木は、傷んできたときに、「あ、腐ってきたな」ということが分かる。

分かるということが、実は耐久性だと思っている。法隆寺が世界のどんな建築よりも長持ちしているのは、傷んでいる木を取り替えてきたから。古くなったものを取り替えることは、人間社会においても健全だと思う。コンクリートだと、弱っているか分からなくて、突然壊れて、みんな怪我してしまう。システムとして不完全だ。

――隈さんは国産材を使った建築物を作っていますが、国産材を使うのは、地球温暖化への意識からでしょうか。

隈:そうです。国産材を使えば、輸送に掛かるエネルギーを最小限に抑えることができる。ぼくは、日本林業の最大の課題は、木を切って運び出すシステムが、これだけ情報化の時代なのに、遅れていることにあると思っている。そこまで難しい課題ではないのだから、政府は動いてほしい。

――国産材を使えば、地球温暖化の防止につながるのですが、流通への課題は山積しております。外国材に比べて価格が高く、国産材を取り扱う製材所も多くありません。それに、消費者が、見た目で国産材かどうか判別することは難しいと思います。

隈:社会全体で、「国産材を使う」というコンセンサスが取れれば、価格や流通も変わっていくでしょう。国産材へ舵を切る役目として、ぼくら建築家や材選びに携われる人が意識を持たないといけない。

民間業者の技術開発によって木の最大の欠点をカバーでき、政府としても国産材の使用を促すようになってきた。建築家もその流れに追いついていかないといけない。建築のデザインが追いつければ、脱コンクリートへと時代を動かせる。木のデザインは、もともとは日本人が一番先端だったのだから、ぼくらはがんばらないといけない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら