トヨタ vs グーグル 
激化する人材争奪戦

次世代自動車をめぐる「覇権」争いが始まっている
9月4日に開かれた記者会見の様子。一番右がプロジェクトリーダーに就任したGill Pratt氏 〔PHOTO〕TOYOTA USA

ゴールドラッシュを迎えた自動運転開発

自動車産業とハイテクIT業界の間で激しい人材争奪戦に火がついた。

今月頭にトヨタ自動車が米スタンフォード大学、MITと共同で始めた研究プロジェクトでは、ロボットやAI(人工知能)の分野で名高い研究者Gill Pratt氏が、そのリーダーに就任した。

これに対しグーグルは今週、米フォード自動車の技術職や韓国・現代自動車の米国法人責任者などを歴任したJohn Krafcik氏を、自動運転車プロジェクトの責任者として招聘した。

また今年の夏には(自動運転車の開発に乗り出したと噂される)アップルも米テスラ・モーターズのエンジニアを採用するなど、IT業界と自動車業界との間で引き抜き合戦が目立ち始めている。

一方、アプリを使った配車サービス大手の米ウーバー(Uber)も最近、カーネギーメロン大学等からロボット分野のエンジニアをごっそり引き抜いている。

これに先立ち同社は、AIやロボット技術を開発する研究所を新設したが、そこで働くエンジニアを確保するためだ。地図・安全技術などと並んで、同研究所の大きな目的の一つが自動運転車の開発。将来は、これを使って配車サービスを自動化することが狙いと見られている。

以上のような人材獲得競争は、自動運転車が今、従来の(どちらかと言えば)研究開発寄りのフェーズから、ビジネス化のフェーズへと完全に移行したことを反映している。

グーグルが開発を進める自動運転車 〔PHOTO〕gettyimages

特に米国では今、各州選出の連邦議員らが地元に自動運転車の開発拠点を誘致しようと、試験運転のための交通規制緩和や開発特区など至れり尽くせりの施策を用意して、IT企業や自動車メーカーに盛んにアピールしているという(以下の記事を参照)。

●"Among the States, Self-Driving Cars Have Ignited a Gold Rush" The New York Times, AUG. 6, 2015

こうしたゴールドラッシュは、開発現場で働く研究者や技術者の心理にも変化をもたらしている。彼らの間では「(ロボット業界で)今、自動運転車に興味がない人はバカか相当の変人」という雰囲気が生まれているという。

ウーバーをはじめとしたIT企業はかなり高額な給与を提示して大学の研究者らをリクルートしてくるので、その誘惑に逆らえきれず産業界へと転籍する研究者が目に見えて増加している。このため引き抜かれた大学の関係者は頭を抱えているという。

もちろん、それは単に「お金に釣られて」というだけの話ではない。数あるロボット技術の中でも、自動運転はまさに今、旬の時期にある。研究者や技術者にしてみれば、自分たちの研究成果が単なる研究に終わらず、世界の交通システムを変えていく、その最前線に立ちたいという欲求もある。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら