雑誌
日本人が弱いその「ひと言」(一般商品編)〜迷ったら思わず手が伸びてしまう言葉たち
特保、元祖、売れています、世界が認めた…
モノが多すぎて選べない。そんな時、つい惹かれてしまう言葉があります〔photo〕gettyimages

日本人が弱いその「ひと言」。一般ネタ・編

前編でクルマ関連の、日本人が弱いその「ひと言」をお届けしたが、ここでは暮らしのなかで「その言葉には弱いなぁ」と感じるものを紹介しよう。共感することウケアイです。

■「特保」。この文字が付くと商品が大ヒットする!

メッツもペプシも「特保」効果大!

商品に「特保」という文字が付いているだけでバカスカ売れるというから、さぁ大変。「特保」とは特定保健用食品の略字で、国から特定の保健効果が認 められた食品。現在はほとんどがダイエット関連の商品で、認可されれば"体脂肪が減る"などの特定効果をうたえるから絶対的なアドバンテージになる。

「特保」商品で衝撃的だったのが、'12年4月登場の「キリンメッツコーラ」。いかにも体に悪そうなコーラのパッケージに"脂肪の吸収を抑える"と うたってあるから、マジかよと売れに売れて約2年で累計3億本を突破。が、これに驚いてはいけない。'12年11月登場の同じく「特保」の「ペプシスペ シャル」はそれ以上の伸びを示し、発売後の数カ月の売り上げはあのコカコーラを完璧に抜き去ったという。もちろんコーラ以外にもお茶や野菜ジュースなど、 「特保」の文字が付く飲料は売られている。

健康を気にかける日本人、「特保」の文字に弱いようですね。

■「世界が認めた」。地球的価値観に溺れるんです

「世界が認めた」のひと言にも弱い。グーグルで"世界が認めた"と検索すると、「世界が認めた味」など150万件もヒット。50年前ならいざ知ら ず、もはや日本の各種文化やプロダクツはわざわざ世界に"認めてもらう"必要はないと思うのだが、敗戦の影響でしょうか、まだまだ外国人(特に白人)への コンプレックスは強いようだ。

ただ、日本の自動車メーカーで公式に「世界が認めた!」という卑屈なフレーズを現在も使っているところはかなり少ないので、それは救いです。