[BCリーグ]
信濃・高橋信二監督代行「大きく育ってほしい外野手・永冨」

プロ意識が薄い選手たち

 8月から岡本克道監督の辞任に伴い、代行を務めることになりました。現役時代からこの時はこうすると常にシミュレーションしながら試合に臨んでいましたから、指揮を執るにあたって焦りや戸惑いはありません。勝つために何をすべきか、最善策を尽くしたいと考えています。

 僕にとってBCリーグは今季が1年目。信濃に来るまで、独立リーグの選手にはNPB入りへひたむきに努力し、レベルが高いイメージがありました。

 しかし、実際に携わってみると、NPBを本気で目指す姿勢に欠けている選手が多いことに気づきました。言葉では「NPBに行きたい」と言っていても、その取り組みは漠然としていて不十分なのです。

 野球はチームスポーツといっても、プロは個の集合体。個の力がしっかり確立されなくては、NPBに行くことは不可能です。ならば、プレースタイルを磨くために、何をすべきかをしっかり考えなくてはいけません。日々、工夫を重ねながら質の高い練習を数多くこなし、試合に向けて準備する。試合が終われば反省し、次に生かす。この繰り返しが自らの実力を伸ばすのです。

 その点で、まだまだ信濃の選手たちはプロ意識が伴っていないと言わざるを得ません。ここまで折をみて選手たちには話をしてきましたが、完全に浸透しきっていないと感じます。

 そんな中、チーム内でプロとして高みを狙おうという意欲が一番に見えるのは、練習生から昇格した外野手の永冨翔太です。彼は「成長したい」「技術向上したい」という強い目をしています。現に外野の守備、走塁は抜群で、NPBでも充分、通用する能力を持っています。

 課題は打率1割台のバッティングです。しかし、このことを本人はしっかり自覚しています。大事なのは、独立リーグで打てるかどうかではなく、NPBで150キロ以上の速球を打ち返せる力を身につけること。半年間で内容は少しずつ良くなっています。

 今の打順は9番ですが、将来的には3番タイプ。まだ21歳ですから、これから大きく羽ばたいて、NPBスカウトに注目される存在になってほしいものです。