国家・民族 メディア・マスコミ EU
アイラン(3歳)はなぜ、溺れ死ななければならなかったのか……1枚の写真がEUに起こした地殻変動
EUを揺るがす「難民」問題2
新聞を読むのは、トルコのイズミルで野宿をしながらギリシャへ渡るタイミングを待つシリア人男性 〔PHOTO〕gettyimages

EUに地殻変動をもたらした3歳児の死

一瞬見ると、波打ち際にうつ伏せに横たわるその男の子は、まるで疲れ切って眠っているようだった。

柔らかな光の中、もうすぐ伸びをして起き上がりそうな小さな体。

しかしよく見ると、それは決して起きあがらないことがわかる。そして次の写真には、トルコの警官がその小さな体をそっと抱き上げて運んでいく様子が写っている。シリア難民の3歳児の遺体だ。9月3日のこと。

この写真は、見る者の心を強く打った。今までだって地中海では、毎週のように悲劇が起き、何千、何万という難民が溺れ死んでいる。しかしこの写真は、一見、悲劇には見えなかった。

穏やかな海に洗われて、小さな遺体はあまりにも静かに砂浜に横たわっていた。そのアンバランスさが見る者を混乱させた。せっかく生まれてきたというのに、この子は世界に裏切られたのだ。

男の子の名はアイランという。シリアのコバニから来た。コバニは、トルコとの国境にあるクルド族の町だ。2014年9月、「イスラム国」がコバニを包囲し、激しい戦闘が始まったため、そこに住んでいた20万人のクルド族がトルコに逃げこんだ。トルコには、2011年のシリア内戦勃発以来、すでに計200万人の難民が避難している。

アイランの家族は、親戚を頼ってトルコからカナダに亡命しようとしたが、カナダ政府は受け入れを拒否した。そこで今度は、地中海を渡ってギリシャ経由で、どうにかしてドイツに入ろうとした。多くのシリア難民が考えることだ。

最初の2回の試みでは、アイランの家族は、トルコの沿岸警備隊に見つかってしまった。

ようやく3度目、ギリシャに向かったはずのゴムボートは、あっという間に荒波にのまれて沈没した。アイランと兄と母親が亡くなり、父親だけが助かった。

アイランは、自分たちがなぜボートに乗っているかということさえ理解できなかっただろう。なぜ、溺れ死ななければならないかということも。

ただ、アイランの死は、一つの小さな悲劇では終わらなかった。それどころか、このあとまもなくEUに、まさに「地殻変動」ともいえる事態を引き起こすことになる。