ブルーバックス
日本の火山はだいじょうぶ?
噴火の仕組みを理解し、大災害に備えよ

日本火山学会=編『Q&A 火山噴火 127の疑問』
〔photo〕iStock

日本の火山はどうなっている?

戦後最大の火山災害を引き起こした御嶽山の噴火から1年。それからも箱根山、口永良部島、浅間山、桜島など、つぎつぎと火山活動が活発化しています。日本列島に異変が起きているのでは?

はたして東日本大震災の影響なのか、富士山は噴火しないのか、火山災害からどう身を守ればよいのか、噴火予知は可能なのか……。火山にまつわるさまざまな疑問に火山学者が真摯に回答します。


改訂版「はじめに」にかえて―日本列島はだいじょうぶ?

最近の噴火

 2011年の東日本大震災を境に、日本では火山活動が活発化しているような印象があります。実際に、それ以前に比べて火山活動が活発化しているのかどうかはっきりしたことは分かりませんが、東日本大震災以降、国民の多くがこれまで以上に自然災害に注意を向けるようになったのは事実です。

 その中で、2014年9月に発生した御嶽山(おんたけさん)の噴火による災害は、火山災害としては戦後最大のものとなり、火山噴火にも国民の注意が向けられるようになりました。

 そのような背景の中で、これまでにない噴火回数を記録している桜島や十数年ぶりに噴火した阿蘇山の活発化をはじめとして、噴火にいたらないまでも、草津白根山、蔵王山、吾妻山の活発化が見られ、2015年5月には口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳が、六月には浅間山と箱根山(大涌谷(おおわくだに))が噴火しました。

 口永良部島では、噴火警戒レベルがそれまでの3から5に引き上げられ、全島避難となりました。噴火警戒レベルが5に引き上げられたのは、2007年に噴火警戒レベルが導入されてから初めてのことです。

御嶽山の噴火

 岐阜県と長野県の境にある御嶽山(標高3067メートル)が2014年9月27日に水蒸気噴火を起こしました。この日は晴天の土曜日という秋の行楽日和で、御嶽山の山頂部(剣ヶ峰周辺)は多くの登山者で賑わっていました。噴火は午前11時52分に発生し、山頂部にいた63名(行方不明者を含む)が犠牲になりました。この噴火の火山灰放出量は約50万トンと、噴火としては規模の小さいものでした。

 御嶽山は、かつて死火山と考えられており、1979年に突然水蒸気噴火を起こしたために、「死火山」という用語がとりやめになり、それまでの、「おおむね2000年以内に噴火した記録がある火山および噴気現象のある火山」という、活火山の定義を考え直すきっかけになりました。

 また、御嶽山では、2001年と2007年にも小規模な噴火をしていました。その後のくわしい地質調査から、最近1万年間に10回以上の水蒸気噴火やマグマ噴火を繰り返していることが分かってきました。

 火山噴火予知連絡会では、御嶽山を全国47の常時観測火山の一つに選定し、24時間体制で監視していました。また、2007年には火山活動度と災害防止の指標となる噴火警戒レベルを導入し、登山者にも危険度が分かるしくみを整えていました。それによると、噴火直前で御嶽山の噴火警戒レベルは1(平常)だったのです。