雑誌
安倍総理は「マイルドヤンキー」かもしれない
地元が大好き・お友達とつるむ・論理より気分…
〔PHOTO〕gettyimages

思ったことをすぐ口に出す。何をやっても悪びれない。批判されても「別にいいじゃん」と気にしない。フラつきながらも、決して墜落しない安倍総理—これが「一億総ヤンキー」時代の政治家だ。

大切なのは気合と勢い

「たくさんの仲間と出会って、友情の絆を強めてください!」

夏の夕暮れに赤く照らされる、日焼けした少年少女たちの顔。「魂」や「和」と書かれたTシャツに身を包み、歓声を上げる。壇上には、笑顔で手を振る安倍総理の姿があった。EXILEのヒット曲『Rising Sun』が大音量で響き渡る。

8月2日、総理の地元・山口県で開催されたボーイスカウトの世界大会「世界スカウトジャンボリー」アリーナショーでの一幕だ。

この式典に参加するためだけに、安倍総理は安保国会の多忙をぬって日帰りで山口へ飛んだ。7月以降、都合3回も山口へ帰省した総理の行動を、番記者の間では「何かよほど理由があったのか」と訝る声すら出ている。

しかし、あるキーワードを当てはめれば、総理の行動、考え方に関する謎は氷解する。

「マイルドヤンキー」。

昨年の流行語大賞にもノミネートされたこの言葉。読者にもおなじみのいわゆる「ヤンキー」とは、実はまったく別の人々のことを指している。

昔のヤンキーといえば、リーゼントに短ランにボンタン。木刀を携えて改造バイクを乗り回し、ウンコ座りでたむろする。親が大嫌いで、矢沢永吉のごとく「いつか東京でビッグになる」が口癖。だが、こんな若者はいまやすっかり姿を消した。

典型的なマイルドヤンキーの若者は、あらゆる面で彼らと正反対だ。バイクではなくミニバンに乗り、休日はスマホでゲームをしたり、ショッピングモールで過ごす。「マジメ」だと思われたくなくて、ちょっと「ワルい」こともしてみたいけれど、平穏な暮らしを失うのはイヤ。家族・恋人・地元の友達が何より大切で、生まれ育った町を離れるなんて考えられない。

憧れの存在は、前出のEXILE。本よりもテレビが、パソコンよりもスマホが好き。知識よりも経験が、将来の可能性よりも今の幸せが、理屈よりも気分が大事——。

安倍総理とマイルドヤンキーの共通点にいち早く着目していた精神科医の斎藤環氏は、彼らの特徴を〈うっすらと不良性をまとい、地元と仲間の『絆』が大好き〉〈気合や勢いを大事にするため、なんとなく現状肯定的〉と要約する。

そして、それゆえに〈このままでいいんじゃね(いいんじゃない?)〉と考えるマイルドヤンキーこそが、安倍政権のゆるやかな支持基盤になっているのではないか、と分析している。

奇しくも、安倍総理の肝煎りで'12年に自民党が作った「憲法改正草案」の前文には、今の日本国憲法にはない、こんな文言が記されている。

〈日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する〉

マイルドヤンキーの人生哲学と、自民党が理想として掲げる日本人の姿は、実は驚くほど似通っている。そして安倍総理自身もまた、この「マイルドヤンキー的」人生哲学に沿って生きる日本人の代表なのである。安倍政権は、マイルドヤンキーの美学を国家規模でそのままなぞっているのだ。

前出の斎藤氏が言う。

「安倍総理は8月21日の参議院特別委員会で、中谷元防衛相の答弁ミスを追及する民主党の蓮舫議員に、『まあいいじゃん、そんなこと』と言って問題になりました。こうした、他の総理大臣なら考えられなかったような感情的なヤジを、安倍総理は勢いにまかせて口にしている。

心の中にヤンキーへの共感や憧れを秘めているからこそ、『ちょっと強面ぶろう』と、思わず乱暴な言葉が出てくるのではないでしょうか」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら