[ボクシング]
近藤隆夫「“10・16シカゴ決戦”河野公平vs.亀田興毅、勝つのはどっちだ!?」

注目のタイトルマッチ続く秋

 猛暑も、ようやく収まり9月を迎えた。涼しさが感じられる今日この頃だが、ボクシング界は、これから年末に向けて熱さを増し続けていく。今月は、日本人絡みの4つのタイトルマッチが行なわれる。

 まずは6日(現地時間)、米国テキサス州コーパスクリスティで行なわれるWBA世界バンタム級タイトルマッチ、王者ジェイミー・マクドネル(英国)vs.挑戦者・亀田和毅(亀田)。4カ月ぶりの再戦だ。この興行の前座では、亀田家の次男・大毅の1年9カ月ぶりの再起戦も組まれている。

 そして22日、東京・大田区総合体育館では、WBC世界バンダム級タイトルマッチ、王者・山中慎介の9度目の防衛戦。挑戦者は3位のアンセルモ・モレノ(パナマ)。元WBA世界同級スーパー王者に“神の左”が炸裂するのか? 興味深い一戦である。

 その5日後の27日には、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でダブル世界戦。WBA世界フライ級タイトルマッチ、王者・井岡一翔(井岡)vs.挑戦者・同級10位ロベルト・ドミンゴ・ソーサ(アルゼンチン)、IBF世界ミニマム級タイトルマッチ、王者・高山勝成(仲里)vs.挑戦者・同級12位の原隆二(大橋)だ。いずれも王者の防衛が堅そうである。

亀田戦に臨む河野は、昨年大晦日に初防衛を果たして以来の試合となる。

 リング熱は、さらに10月へと続く。
 10月16日(現地時間)、米国シカゴ・UICパビリオンにおいて注目の日本人対決が実現する。WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ、王者・河野公平(ワタナベ)vs.挑戦者・同級2位の亀田興毅の指名試合。

 日本人対決が、なぜシカゴで行われるのかといえば、亀田陣営が、2013年12月の世界戦混乱問題により事実上の国外追放処分を受けており、日本のリングに上がれないためだ。シカゴのファンにとっては、それほど興味をそそられないカード。日本で行わないことが勿体ない気はする。