久が原の地に誕生する新たな暮らしのステージ 
【PR】提供:東急不動産

提供:東急不動産
Text by Tatsuro Hashimoto

ブランズシティ久が原 グランドエントランス完成予想CG

自然の恵みと伝統ある久が原でプロジェクト進行中

 東京都大田区久が原は太古から人の営みが続いた場所だ。区域内からは氷河期時代、縄文時代、弥生時代の遺跡など数多くの遺跡が発掘され、武蔵野台地の南端で西に多摩川が流れ、東に行けば東京湾の恵みがあった。

 古の人々が受けた地の利の恩恵は現代にも残っている。周辺には今でも緑が残り、近くには自然に満ちた多摩川が流れる。そんな健やかに暮らす環境が整っていたことが、住宅街として愛され続けてきた理由なのだろう。

 そんな久が原で進行しているプロジェクトが「ブランズシティ久が原」。東急不動産が推進する全278邸を擁する一大プロジェクトである。