[アイランドリーグ]
徳島・中島輝士監督「セカンド増田はアイランドリーグの菊池涼介!?」

チーム1の安定感、左腕・山藤

 後期シーズンは山場を迎えています。ここまでは12勝9敗2分の2位。首位の愛媛、香川と優勝を争っています。打撃陣が不調の中、投手陣が頑張り、何とか勝ち星を重ねている状況です。

 先発陣では高卒ルーキー吉田嵩が後期に入り、3試合連続完投勝ち(うち完封1)と活躍をみせています。ボール自体は前期と変わりはないものの、丁寧に低めへ投げていることが好成績の要因でしょう。

 まだ19歳で、これからのピッチャーですが、NPBのスカウトも注目をしています。本人も上に行く気で投げているでしょうから、残りの登板でチャンスをつかんでほしいものです。

 吉田以上に安定したピッチングをみせているのは左腕の山藤桂です。後期は3勝0敗、防御率1.36。もともと彼はバッターのタイミングが取りにくいところが持ち味。これをうまく生かし、緩急をつけたピッチングが光っています。昨季とは比較にならないくらい成長しましたね。試合を安心して任せられる存在になりました。

 逆に後期に入って本領を発揮できていないのが、右腕の福永春吾です。後期は2勝3敗、防御率4.13。米国遠征で力任せに投げて打たれた反省を生かし切れていません。ピッチャーに求められるのは球威以上にキレです。キレのあるボールを投げれば、140キロ台でもバッターは抑えられます。

 彼もドラフト候補としてスカウトが視察に来ています。ピッチングを見ていると結果を出さねば、と焦っているように映ります。気持ちだけが先走って、体がついてきていないのです。NPBに行きたいとの思いは十分にわかりますが、まずは現状を見据え、自分にできることに取り組んでほしいと感じています。

 8月29日の愛媛戦では降雨コールドで負け投手になったものの、6回途中1失点と好投をみせました。この日の福永のボールにはキレを感じ、下半身の使い方を修正した成果が出ていました。スカウトにアピールする場は、まだ残されています。自己満足の投球ではなく、いかにバッターを打ち取るかを考えながら、マウンドに上がってほしいものです。

 後期のキーマンにあげていた宍戸勇輝も30日の高知戦で8回途中1失点と良くなっていますから、先発陣は枚数が揃いそうです。抑えに回したエドワード・ウィリアム・ブランセマと橋本隼につなぐかたちができれば、残りの連戦も計算が立ちます。