安倍首相の答弁や言い分は、戦前の軍事指導者と酷似している。昭和史研究の第一人者が問う「軍服を着た首相」の歴史観
インタビュー「書いたのは私です」保阪正康
『安倍首相の「歴史観」を問う』著者の保阪正康さん

当時の軍事指導者にそっくり

戦後70年の節目に上梓した本書は、戦争の内実を整理しながら、安倍晋三という現代人の歴史観を読み解き、問題視しています。その安倍首相は8月14日に戦後70年談話を発表。どう評価されましたか。

いろんな言葉を引用して、いろんなことを言おうとするが文章の繋がりが悪く、主語もわからなかったりする。結果的に何を言わんとしているのか、わかりづらくさせていましたね。

そもそも安倍首相の歴史観とはどんなものかというと、まず戦後レジームの脱却。戦後の体制を清算、つまり否定して変えていくということですが、どう変えていきたいのか。憲法9条の改変を試み、「わが軍は」と発言してみたりもする。もう一度、大日本帝国型に戻すという意味があるんじゃないか、とも見える。

しかし今度の談話は脱却、清算どころか戦後レジームの全面的肯定だった。彼が強行する集団的自衛権や安保関連法案もいらないのでは、と読めてしまう部分もある。普段の言動との整合性が感じられません。

本書では、そんな彼が軍服を着ていると想像すると、整合性のない言動にも納得がいくと書かれています。

以前、安保関連法案を審議する委員会で安倍首相が質問者に「早く質問しろよ」とヤジを飛ばしたでしょう。行政府が立法府に通してくれと提出した法案を説明する場で、早く質問しろというのは失礼極まりないこと。それと類似の光景が昭和10年代、軍事指導者たちが議会で答弁する姿にあるわけです。

「黙れ」と怒鳴る軍人もいれば、時の首相であった東條英機も、代議士から戦時下の時限立法が「どういう時に終わるのか」と質問されても「戦争が終わったとき」と繰り返すのみ。一国の首相として具体的に説明しなければならないにもかかわらずです。行政府が立法府を意のままにできると端から考えていた証拠でしょう。

安倍首相もそれと同じような心持ちでいるのではないか。彼の答弁を見てもそう。いつも同じような枠組みで答弁していて、具体的に問われていることに答えてない。それは軍服を着た、当時の軍事指導者そのものです。