Photo by iStock
雑誌

こんなに違った! 日本人とドイツ人の「夜」の国民性

男も女も◯◯が大好き

日本人から見ると、似たような国民性だと言われながら、クールで取っつきにくい印象もあるドイツ人。経済・産業面では互角と言える両国だが、「夜の生活」については、果たしてどうなのだろうか。

夢中でしてくれるんです

「ドイツ人は本当に紳士で真面目です。口説き文句も合理的で、初めての夜、彼は『僕はとても興奮していて、お互いに好きあっていることは分かっている。今、セックスをしない理由がないじゃないか』って。

セックスに関しても、一つ一つに実直に取り組むし、それでいて緻密。私が感じるためなら執拗に責めてくれるし、自分が気持ちよくなるために努力も惜しまない」

こう語るのはドイツ人男性と結婚し、現在は夫とベルリンに住んでいる本条加奈さん(31歳、翻訳業、仮名)だ。加奈さんにとって初めて付き合う外国人男性だっただけに、日本とドイツの「夜の国民性」の違いに驚いたという。

 

ドイツといえば高い技術力に裏打ちされた世界に冠たる工業立国だ。勤勉な国民性として知られ、日本人とも共通点が多い。そもそも、日本の近代化はかつてドイツの諸制度を参考にして進められたこともあり、日本人にとってはなじみ深い国と言える。

言わば、「昼の顔」ではよく似ている日独両国。では「夜の顔」はどうなのだろうか。

調査をすると、セックスの面では意外なほど大きな違いがあることが判明した。

前出の加奈さんが続ける。

「ドイツ人ってとにかくクンニが好きなんですが、それが尋常じゃないんです。平均して20~30分くらい、長い時には1時間近く舐められ続けることがあるんですよ。

初めは驚きと恥ずかしさで抵抗があったのですが、丁寧にほぐすように舐めてくれるので徐々に気持ちよさが勝っていくんです。何より彼の『舌技』がすごい。舌の先ではなく、表面を使って撫でるように優しく舐めてくれるし、舌も大きいから外陰部全体が満遍なく刺激されるんです。

夢中で舐めてくれるというか、目標を定めたらそこに向かってずっと同じことをやり続けるんですね。でも、これだけ熱心に舐めてくれるのって、なかなかできないことです」

快感にひたすら貪欲

イギリスのコンドームメーカー「デュレックス」社の調査によれば、クンニを積極的に行うのは日本人とフランス人、そしてドイツ人だという。しかも、ドイツ人の場合は男性だけではなく、女性のほうも女性器を舐められるのが大好き、という傾向があるようだ。

では、これが日本人だったらどうだろう。前出の加奈さんは、日本人男性の場合についてはこう語る。

「日本の男性は、キスから始まり、首、胸、女性器といったように、上から下に向けて順番に愛撫していく感じですよね。確かに丁寧に舐めてはくれるんだけど、ちょっと形式的というか、もう少しでイケそうってところでやめてしまうことがある。あんまりやると嫌われると思うのか、自制してしまうんでしょうね」

本当はもっとしたいけど、パートナーはそれを望んでいないかもしれない……。日本人は考えすぎなのか。その点、とにかく舐めるのが好きで好きでたまらない、というドイツ人の情熱に、舌技に関して言えば及ばないのかもしれない。

クンニだけでなく、ドイツ人男性はアフターケアも万全という。