サッカー
ロシアW杯アジア予選の代表メンバーが決定! プレミアでの新たな「第一歩」を踏み出した岡崎慎司に期待したい
8月15日、ウェストハム戦で初ゴールを決めた岡崎慎司 〔PHOTO〕gettyimages

攻守に素晴らしい貢献を見せる岡崎慎司

9月3日、8日に行われるロシアW杯アジア予選の日本代表メンバーが発表されました。私が期待している選手のひとりに、岡崎慎司がいます。

今シーズンからイングランド・プレミアリーグのレスター・シティへ移籍した岡崎は、リーグ戦2試合目で初ゴールをマークしました。

2011年1月から5シーズンにわたってプレーしたドイツ・ブンデスリーガでは、すでに確かな実績をあげています。シーズン初ゴールが少しぐらい遅れても、周囲が騒ぐことはありません。

しかし、今シーズンは違いました。新しいリーグで、新しいチームで、彼はプレーしています。できるだけ早く結果を残さないと、スタメンの座をキープすることはできません。打率3割が評価基準になるプロ野球のバッターではないですが、ヨーロッパでは3試合連続で無得点に終わるとポジションを失いかねません。それぐらい厳しい世界なのです。

それだけに、開幕から間もない時期に初ゴールを記録したことは、岡崎にとって大きな意味を持つでしょう。まだ最初の一歩を刻んだだけですが、一歩目を踏み出さなければ二歩目はありません。

ゴール前での岡崎は、相手守備陣が嫌がるところへ抜け目なく走り込んでいきます。相手のマークを外す動きは秀逸です。

同時に彼は、ディフェンスでもチームに貢献します。

チームがボールを失った瞬間から、彼は守備を開始します。自分がボールを失ったわけではなくでも、守備をサボりません。最前線からすぐにプレッシャーをかけていくので、相手の速攻をスピードダウンさせることができます。また、岡崎が相手のパスコースを限定してくれるので、味方の守備陣はどこでボールを奪うのかを絞り込みやすいのです。

そして、攻守に素晴らしい貢献を見せる岡崎は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表でも欠かせない存在になっています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら