[BCリーグ]
武蔵・小林宏之監督代行「巻き返しのカギ握る左腕・中村」

エースの篠田が孤軍奮闘

 7月は7勝3敗2分と好調な後期のスタートを切りながら、8月は一転、7連敗を含む2勝9敗2分。現状は地区最下位です。暑い熊谷の夏、開幕から守り勝つ野球を支えてきた投手陣に疲れが出てきています。

 その中で孤軍奮闘しているのが、エースの篠田朗樹です。今季は信濃から移籍して抑えから先発に転向し、しっかり役目を果たしています。長いイニングを投げるため、持ち味の速球はやや抑え気味ですが、コントロールの良さが好成績(10勝3敗、防御率1.44)につながっています。

 メジャーリーグ経験もあるベック・チャスンが千葉ロッテに入団したため、先発2番手は左腕の中村一仁です。彼が勝てるかどうかが巻き返しへのポイントと言っていいでしょう。中村は7月までは7勝3敗と白星を伸ばしていたものの、8月に入って3連敗。シーズンを通じて投げる経験が初めてで、夏場に来てコンディションが落ちています。

 NPBのピッチャーでも、どうしても夏はトレーニング量が落ちがちです。ここでスタミナ切れを起こさないためには、夏前の練習が重要になります。いかに走りこんで、暑さを乗り切る体力を身につけられるか。中村もこの失敗から、学ぶことは多かったはずです。

 現時点では疲労からフォームのバランスが崩れ、いいボールを投げられなくなっています。ここはアドバイスをしながら、一緒に修正に取り組み、調子を取り戻させたいところです。篠田、中村が勝てば、3連戦で最低2勝でき、借金返済へメドが立ちます。

 抑えは三ツ間卓也がプレッシャーのかかるなか、よく頑張っています。ここまでリーグトップの17セーブ。サイドから放る150キロ近い速球が大きな武器です。

 しかし、さらに上のレベルを狙うなら、ストレートだけでは抑えきれません。既に4敗を喫しているように、一本調子になってやられてしまうところは改善点です。変化球でストライクや空振りをとれる精度を磨くことが求められます。