雑誌
プロだけが気付いている「株価2倍を目指す」株58
過熱相場が一段落 こんなときこそチャンスらしい
北海道の有名ホテルを所有する意外な企業とは?〔PHOTO〕gettyimages

人の行く裏に道あり花の山。投資の格言にあるように、周囲と同じほうを見ているだけでは大儲けはできない。ローリスクで、ハイリターンが期待できる—。そんなうまい投資話が、本当にあった。

3倍、4倍もありえる

日経平均株価が大台の2万1000円寸前まで急上昇したかと思えば、今度は一日で数百円の暴落に見舞われる。そんな情緒不安定な相場を前に、やはり株は怖くて手を出せないと思っている人は多いだろう。

しかし、それは誤解。実は、現在のように相場が一本調子ではないときこそ投資のチャンス。しかも、株価がグイグイと上がる掘り出し銘柄を見つけやすい——。株の達人たちはそう口を揃える。

理由は明快である。

右肩上がり相場ではあらゆる株が一様に上がるため、どれが本当にいい株かの見極めが難しい。逆に、現在のような乱高下相場では、どんな相場環境下にあっても株価が底堅く上昇する株が目に見えてわかるため、「ホンモノ」を見つけやすい。

さらに、ギリシャショック、中国の失速、米国の利上げへの警戒感など、今後も外部要因に相場が右往左往する状況は続く。おのずと、日経平均に連動して株価が動く大型株への投資妙味はなくなる。つまり——。

「これからは、本当に強いけれどこれまで注目されていなかった中小型株への投資がマーケットのトレンドになる。そうした株は資金が一気に入れば株価が2倍に跳ね上がることもあるほど、大化けするのが特徴。また、これまで持っている人が少なかった分、売り浴びせられるリスクも低い。