凡百の新選組ものとは一味違う
〜司馬遼太郎の名作と対照的に、真っ直ぐな青春群像劇

【書評】門井慶喜『新選組颯爽録』/評者 奈良岡聰智

新選組は、幕末史の中で特異な存在感を放っている。

理念なき「人斬り集団」というイメージが強く持たれる一方で、それぞれの志や夢を持って変革期を駆け抜けたという肯定的評価もある。

アカデミックな研究対象とされることは少なく、歴史教科書にもまず登場しないが、在野の熱心なファンや研究者が多数存在し、現在でも新たな史実の発掘が熱心に行われている。

様々な立場から異なった評価がなされているだけに、新選組は魅力的な創作の対象となっており、これまでも数々の小説、映画やドラマで取り上げられてきた。

近藤派と芹沢派の内訌、「局中法度」に象徴される冷徹な組織運営、池田屋事件など討幕派志士との抗争といった基本的な史実については、既によく知られ、常識となっている感さえあり、この上なお新たな視点から小説化するのは容易なことではない。

実際、屋上屋を架したような、新味に乏しい作品も少なくない。これに対して本書は、近年判明した新史実を踏まえつつ、筆者独特のセンスによって、隊士たちの生きざまを丁寧に描き出しており、凡百の新選組ものとは一味違う味わいがある。

本作品は、6つの短篇から構成されている。3篇は、馬術師範の安富才助、討幕派の陸援隊に密偵として潜入した村山謙吉、文吏として勤務した尾形俊太郎という、いわば二流の隊士たちを主人公としたもので、鉄の規律の中で苦悩しながら、自らの立ち位置を模索し続けた姿が描かれている。

残る3篇は、粗暴な豪傑・芹沢鴨、組織の主宰者・土方歳三、天才剣士・沖田総司という、よく知られた幹部隊士たちに焦点を当てている。いずれも、人間関係や心理に関する微細な描写が光っている。

司馬遼太郎の名作『新選組血風録』と本書を読み比べてみると面白い。新選組隊士の個性や魅力を活写しつつ、その悲劇や哀しみを浮かび上がらせた司馬に対して、門井の描いた隊士たちは、真っ直ぐで、爽やかな面がより前面に出ている印象を受けた。まさに「颯爽録」の名に相応しい、青春群像劇である。

* * *

『新選組颯爽録』
著・門井慶喜
光文社/1500円

馬術師範として、近藤を救けた安富才助。粗暴なる英雄芹沢鴨。陸援隊に潜入した密偵村山謙吉。剣ではなく人を自在に操った土方歳三。生真面目な能吏尾形俊太郎。そして若き天才剣士沖田総司。激しい価値変転の時代、内部抗争の嵐を抱えながら、若き隊士たちは、青春の炎をいかに燃やし尽くしたのか。時に爽やかに、時に怜悧に、そして時に凄惨に描きあげた傑作!

 => Amazonはこちら
 => 楽天ブックスはこちら

ならおか・そうち/'75年生まれ。専門は日本政治外交史。'06年『加藤高明と政党政治』で吉田茂賞を受賞

『週刊現代』2015年9月5日号より



 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ・・・など会員特典あり

お申込みはこちら