石川道子 第4回
「『人類は完全に戦争を放棄しなくてはならない』というのが、マイトレーヤのメッセージです」

撮影:立木義浩

第3回はこちらをご覧ください。

石川 「人類の意識が変わってきている」といいますのは、人間は高位からのエネルギーに反応しながら進化し、それぞれの時代の文化文明をつくっていくのです。特に現在、新しい時代の境目にあって、新しい宝瓶宮のエネルギーに反応できる魂群が転生してきているんです。

ヒノ なにかもの凄い変化が起きるような予感がしますね。

石川 そうですよ。日野さんの世代、さらに次に続く若い世代の人々が新しい文明を作っていくのです。先日、わたしはホテルのテレビで偶然、瀬戸内寂聴さんのインタビューを見ました。94歳の瀬戸内さんが若者に向かって「あなた方は恋をしなさい、そして革命を起こしなさい」と言われていました。さすがは寂聴さんだ、とうれしく思いました。

つまり、現在の既成概念や価値観をぶち壊して、新しいものをつくっていきなさい、と若者たちに、ハッパをかけていたのです。商業至上主義にどっぷりと浸かり、マネーという"神"を崇拝し、競争と利潤追求が社会の常識になっている今日、若者たちは内心でそれに反発しながらも、進むべき方向が見つからずに暗中模索しているのだと思います。

シマジ たしかに、わたしたちの時代とはちがう"生きにくさ"があるのでしょうね。それで、その新しいエネルギーというのは、宇宙から降ってくるんですか?

石川 「降ってくる」というより、特有のエネルギーを放射している星団の影響圏内に、太陽系全体が入ってきているということなんです。宝瓶宮星団のエネルギーの特質は「統合」です。霊的なものを物質世界に統合する力を持つエネルギーなのです。

過去2000年間の双魚宮のエネルギーに人類が反応して、個の目覚めが起こり、同時に理想、献身の特質が培われました。つまり、わたしたちが理想とすることが現実に顕わされていく時代に入ってきているのです。ブッダの言われた慈悲と正義に基づく「黄金の文明」を作り上げていくのです。

イエス・キリストは「神の御国を地上に」という表現を使われましたが、このような偉大な方々が言われたことなのに、人々は本気にしないのです。それは夢物語か、死んだ後の世界のことだと思ってしまうのです。あまりにも現実とかけ離れているからだと思います。

シマジ それほど現実が酷いということでしょうね。