[アイランドリーグ]
徳島・福永春吾「メリハリつけて、涌井を目指せ」

~リーグ注目選手に訊く(Vol.3)~

 NPBではアイランドリーグ出身選手の活躍が相次いでいる。千葉ロッテの角中勝也(元高知)はレギュラーを張り、中日に途中加入したドリュー・ネイラー(元香川)は先発で2勝をあげた。2軍では支配下登録された埼玉西武の水口大地(元香川)が7月の月間MVPに輝いた。

 四国では彼らに次いでNPB入りが期待される選手たちが、後期シーズンを戦っている。徳島の福永春吾は今季、BASEBALL FIRST LEAGUEからアイランドリーグへ。MAX150キロ超の速球とスライダーを武器に、4月の初登板では福岡ソフトバンク3軍相手に16個の三振を奪った。21歳の本格派右腕にインタビューした。

北米遠征で学んだこと

デビューから2試合連続の無失点で4月のグラゼニ賞を獲得した。

――前期は何といっても開幕戦でソフトバンク3軍相手に9回16奪三振無失点という好投をみせました。投げていて調子の良さを感じていたのでしょうか。

福永: あの試合は、一番いい状態で一番いい相手と対戦できて、一番いい結果が出ました。キャンプから開幕に合わせて体調を整えてきたことが、うまくつながりましたね。

――特に右バッターのインサイドにストレートがズバッと決まっていました。

福永: そうですね。角度をつけながら投げたいと、いつも意識しているので、それがうまくできていたと思います。

――2試合目の香川戦も9回無失点で完封勝利。自分ではイメージ通りのピッチングができたと?

福永: ただ、この2試合はいずれも球数が140球を超えていました。ローテ-ションを最後まで投げ抜く上で、毎試合140球も投げていたら、ちょっと厳しい。3試合目は違うスタイルで打たせて取ろうと考えました(4安打2失点で完投勝利)。

――6月にはリーグ選抜の一員として北米遠征にも参加しました。向こうの環境に慣れない点もあったでしょうが、いかがでしたか。

福永: マウンドは傾斜がきつく硬かったり、ボールもちょっと大きくて1個1個、縫い目が太かったり、ツルツルだったりと、工夫しながらの登板が続きました。思うような結果は出なかったのですが(3試合に登板して0勝2敗、防御率11.74)、今までやってきた野球と、また違ったものを経験できたことは、とても良かったととらえています。

――北米での経験を踏まえて、さらにレベルアップする上で取り組んでみようと感じた部分は?

福永: 今までだったら、どんな時も力で押し切れていました。でも、アメリカのバッターはもっと力があったんです。うまく打たせて取ったり、メリハリをつけることも上を目指す上では必要になってくると考えています。