雑誌
ビットコイン事件「取調室の攻防」〜「IQ190」の天才vs.警視庁捜査二課
天才ハッカーの異名を持つカルプレス容疑者。アニメ好きでもある〔PHOTO〕gettyimages

消えた100億円のナゾ

取調官「個人口座が100万ドルも水増しされている。不正に口座データにアクセスしたのか」

カルプレス「口座を操作したことは事実だが、それは会社にとって必要な事務処理にすぎない。個人的に流用したわけではない」

取調官「マウント・ゴックス社から11億円もの資金が関連会社に貸し付けられている。顧客から預かった資金を不正に流用したのではないか」

カルプレス「ノン。これも正当な経理的処理だ。実際、事前に会計士にも相談している」

取調官「では、ビットコインはどこに消えたのか」

カルプレス「教えてほしいのは私のほうだ。これまで私は被害者としてデータを提出し、警察に相談している。『真犯人』を見つける捜査をしてほしい」

万世橋警察署(東京都千代田区)の取調室では今、こんな攻防が繰り広げられている。

'14年2月、仮想通貨「ビットコイン」の取引所「マウント・ゴックス」社が経営破綻した。同社社長のフランス人、マルク・カルプレス容疑者(30歳・以下呼称略)は、

「外部からの不正アクセスで約65万ビットコイン(当時のレートで約87億円相当)と、顧客から預かった最大28億円の資金がなくなった」

と説明し、自分も被害者であると強調。警視庁サイバー犯罪対策課に被害相談をしていた。