[MLB]
杉浦大介「“ミラクル・メッツ”はプレーオフの舞台に戻ってくるか」

投手力充実、首位を快走

<最近の数年は誰よりも、このチームを取材してきた日本人記者として、筆者はここで断言したい。長期的視野で少しずつ前に進んできて、ついに機は熟した。2015年、メッツはプレーオフの舞台に戻ってくる。(中略)ナショナルズに誤算が続出した場合、2006年以来となる地区優勝に向かって突き進むこともあり得ない話ではない>

<2015年、秋――。勝利に飢えてきたニューヨークの街に、ベースボールの熱狂が蘇る。その主役となるのは、スケールダウンに歯止めがかからないヤンキースではない。いよいよ収穫の季節に突入しようとしているメッツである>

観客動員は増加し、マスコットのMr. Metも大忙し。Photo By Gemini Keez

 2015年第1回のコラムで、筆者がこう記したのを記憶しているだろうか。あれから半年以上が過ぎ、まずは想定通りの展開になっている(ヤンキースも好調で地区首位を走っているのは、やや予想外だが)。

 8月20日のゲームを終えた時点で、メッツはナショナルズに4ゲーム差をつけてナ・リーグ東地区の首位。過去6年連続シーズン負け越しを続けてきたチームは、久々のポストシーズン進出に向けて邁進している。

 マット・ハービー、ジェイコブ・デグロム、ノア・シンダーガード、ジョナサン・ニース、バートロ・コローンと続く先発陣は、8月中旬時点でリーグ3位の防御率をマーク。コローン以外の4人はすべて生え抜きであり、フレッシュな本格派投手陣は少しずつ全米から注目を集めるようになった。中でもデグロムは12勝6敗、防御率1.98、ハービーは11勝7敗、防御率2.57と好成績を残し、ニューヨークが誇る2枚看板として確立したと言ってよい。

セスペデスの加入で打線の迫力は増した。Photo By Gemini Keez

 打線は低調だったが、本命視されたナショナルズが苦しんでいるのを見て、トレード期限前に計ったように補強を開始。ヨエニス・セスペデス、ファン・ウリベ、ケリー・ジョンソンらが加入したおかげで層は厚くなった。腰のケガに悩むデビッド・ライトも間もなく復帰予定で、コンテンダーにふさわしい陣容が整いつつある。