upperline

 ディナーの支払いの中で、お酒の占める割合は、洋食と和食では随分違う。フレンチやイタリアンではワインを飲むことが多い。ボトルで、ということになると、どうしても支払い金額は大きくなってしまう。さらに食前酒やら、食後酒やら、贅沢をしだすと洋食はキリがない。

 その対策として、第3回(「女性との特別な日に懐を気にしないで"泡モノ"を優雅に楽しむ方法」2010年3月4日公開)で「泡モノで通す」という荒業を紹介したが、無理せず和食で、というのがオーソドックスな方法だ。

 ただし、本格的な和食のお店は、料理の価格がジャンプ。トータルでフレンチなんかより、高くなってしまう。お寿司もそれなりの値段にはなる。そこで、私が狙うのは、日本酒と料理にこだわる"居酒屋"だ。

「岡永倶楽部」名物のはんぺん。一緒に出てくる特製ソースをつけると、さらに美味しい。

 たとえば、馬喰町にある「岡永倶楽部」。倶楽部という通り、会員制のお店であるが、日本酒初心者でも丁寧に対応してくれるので安心だ。ここでは銘柄を指定するより、店主の村越さんにお任せしてしまったほうがよい。

 気の利いたおつまみに合わせた色々な種類のお酒をマリアージュして出してくれる。寒い日に行くと最初のお酒はぬる燗で、その後はキリッと辛口で・・・といった具合に、村越さんの優しい気配りが感じられるのもうれしい。

 料理も充実しているが、名物のはんぺんは、他にはなかなかないメニュー。注文すると面白い。

 日本酒の名店と言えば三軒茶屋の「赤鬼」も外せない。三軒茶屋駅から歩いて数分。商店街のはずれに路地裏にある一見冴えない普通の居酒屋であるが、日本酒のメニューを見ればこの店の凄さがわかる。なかなかお目にかかれない十四代が全銘柄揃っていて、この店のオリジナルバージョンがあったりする。

 ここでは二日酔いにならない魔法のお水を飲みながら、お刺身から注文していくのが良い。全体にお魚料理は鮮度が高くお勧めだが、新鮮な魚介類以外の料理も充実。手作り感溢れていて、どれもお酒に合うように工夫されている。

写真は「井のなか」。(次頁参照)

 日本酒が揃っている居酒屋は、単価も抑えながら「価値 > 価格」になっているお店が多い。

 品揃えが豊富で品質管理の行き届いた、日本酒にこだわりのあるお店に行って、おススメのお酒を飲めば、今までの日本酒に対する見方が変わるはずだ。

 日本酒なら、極めても値段はワインとは比較にならない。たまにはこんなバリューな選択も良い。

 が、この手の店は、行く人を選ぶ。少なくとも初対面の人と行くお店ではない。気心が知れた、居酒屋の雰囲気を楽しめる人と行かないと逆に気まずい展開になってしまう。「お子ちゃま」と一緒に行くのではなく本当の大人を連れて行って一緒にしみじみ楽しむ店だ。

 ちなみにどちらのお店も満席だった場合、周囲のお店を探すのは難しい。行くと決めたら早めに予約しておこう。

<グルメの法則 9  
価格を抑えたい日は
品質と品揃えにこだわる居酒屋で"日本酒を極める"


次のページ⇒ こちらの「こだわりの日本酒が揃った居酒屋」もおすすめです

次ページ ◎こちらの「こだわりの日本酒が…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事