[スタジアム]
白戸太朗「誰のため、何のため? ~新国立競技場をめぐる問題に思う事~」

 この建物は「誰のため、何のためなのか?」そんな視点が欠けている。一連の騒動を見ていて、そんな印象を強く持った。

 安倍晋三首相は7月17日、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設計画について、「白紙に戻す。ゼロベースで計画を見直す決断をした」と述べ、デザインを変更する方針を明言した。

 12年11月のデザイン決定時には約1300億円とみられていた総工費が、翌年10月には3000億円近い費用がかかると判明したことから始まったこの問題。「日本が世界に誇れるものに」「日本の信用に関わる」という言葉が飛び交い、国立競技場を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)や文部科学省では、計画見直しには否定的だった。

 しかし、このままでは国民からも、アスリートからも理解を得られないと判断した政府は白紙撤回。この2年間の論議は何だったのか……。

 まず「オリンピックに相応しい、世界に誇れる競技場を」という考え方は理解できるし、日本国民としてどうせ作るなら素敵なものを建てて欲しいとは思う。でも、モノを買うときには予算がある。そんな基本的な概念が抜け落ちてはいなかったか?

「買い物をするときは、予算の中で自分の優先順位によって買っていくのが大切」と子供の時に教わった。お菓子を買おうとする。飴やスナック菓子を選ぶ。甘いものが欲しいとか、ジュースも欲しいと思っても、お金が足りなければ、その中で優先順位をつけて数を減らしたり、諦めたりしなければならない。許される中で予算交渉するも、親の顔を思い浮かべると……。そんなことを頭に入れながら、ベストバランスを探すのが買い物というものだと思っていた。

 それはどんなプロジェクトだって同じだ。民間企業なら予算を上回った時点で、再度仕様と予算を見直すのが当然である。そう考えると、この計画のお財布管理者は何を基準に進めていたのか。きっと予算をオーバーして怒る“お母さん”がいなかったのだろう。

 あのデザインが悪いという意見もある。しかしザハ・ハディド氏のデザインを選んだのは審査委員会だ。彼女はプランを提出したに過ぎない。ただ、ロンドン五輪でのスイム会場設営で予算の3倍以上に高騰してしまった彼女の実績などを考えると、審査委員がコスト感と、過去のヒストリーをもう少し配慮しても良かったのではないかという気もするが……。しかし、審査委員会はデザインを審査するところであり、コストを考えて発注するのはやはり発注者でしかなく、審査委員会だけの責任にするのもおかしな話。

 つまり、すべて発注主であるJSCや文部科学省が、あまりにコストに対する常識的な感覚が抜け落ちていたのだ。というより、国のプライドや納期などに執着しすぎて、この競技場が誰のもので、何のために建てられるのかという発想が欠けていたのではないだろうか。