田崎健太「海外サッカーへの憧憬」
~松原良香Vol.2~
世界最大級の日本人街であるリベルダージは和風の建築物も多い。

 2010年10月、ぼくはブラジルのグアラチンゲタという街で松原良香と知り合うことになった。数日後、グアラチンゲタでの練習を切り上げた松原がサンパウロへやってきた。サンパウロにはリベルダージという東洋人街がある。そこにある居酒屋で松原と食事をすることになった。

マラドーナを夢見て

 松原は74年8月に静岡県浜松市で生まれている。
「3つ違いの兄貴がいて、ぼくらは兄弟2人でサッカーに行っていました。あそこらは高校サッカーが盛んで、どうやったってサッカーをやりますよね」

 とはいえ、同じ静岡県でも浜松は清水にくらべると力が落ちた。
「小学校のとき、浜松選抜に入っていて、決勝で清水FCに負けた。全然強い、歯が立たなかった。田島(宏晃)とか伊東輝(悦)とか強烈でした。それで清水FCが全国大会に出たんです」

 松原の名前が全国的に知られるようになったのは、中学2年の終わりのことだった。
「中2から中3にあがる春休みに、各地域選抜が三菱養和で大会をやるんですね。ところが、その予選の段階で、ぼくのいた静岡県選抜が愛知県だか岐阜県の代表に負けちゃったんです。その代表を中心に東海選抜を組んだので、静岡の選手はどうしてもこぼれる。ぼくは東海選抜に選ばれなくて、漏れた選手で構成するCTCというチームで参加することになった」

 CTCは2チーム作られ、この中には松波正信、平野孝たちもいた。
「その大会の最後に優秀選手同士の試合があったんです。ぼくはそこに選ばれてゴールを決めたんです。ミドルシュートを打ったんじゃないかな。そこからナショナルトレセンに呼ばれるようになった。浜松は清水に比べたらサッカーどころでもないし、ずっと清水のことを羨ましいと思っていた。ようやく望んでいた環境になったなと」

 この頃、まだJリーグは存在していなかった。松原が夢見ていたのは、地球の裏側――アルゼンチンだった。
「ぼくが小学校の高学年のときに、86年のワールドカップがあったんですね。(ディエゴ・)マラドーナを見て、ここでやってみたいと思っていた」