『満願』で史上初のミステリ「三冠」を達成した米澤穂信が放つ、超待望の長編ミステリだ!
【書評】米澤穂信『王とサーカス』/評者 永江朗
ディペンドラ王太子 〔PHOTO〕gettyimages

2001年、ネパールの王宮で国王夫妻はじめ多数の王族が殺害される事件が起きた。ディペンドラ王太子が銃を乱射したというのだ。事件の真相はいまも不明だが、ネパールが王制を廃止して共和国となるきっかけとなった。米澤穂信の『王とサーカス』は、この現実に起きたナラヤンヒティ王宮事件を背景にした長篇ミステリである。

新聞記者を辞めてフリーランスとなった太刀洗万智は、月刊誌の企画を準備するため首都カトマンズを訪れる。ところが到着するやいなや王宮事件が発生。彼女は急遽、事件の取材を始める。王宮に勤務する軍人、ラジェスワル准尉から情報を得ようとするが、准尉は拒絶。その後、准尉の死体が発見される。背中に密告者を意味する「INFORMER」という文字を刻まれて。

皮膚に刻まれたメッセージは、万智への警告なのか。あるいは王宮事件と関係があるのか。記事を書くために万智は調べ始める。

王宮事件の謎、准尉殺害の謎、刻まれたメッセージの謎、万智が宿泊するホテルの怪しげな人びと、刑事たち。さまざまな謎が絡み合い、読んでいて「米澤穂信は読者をどこへ連れていくのだろう」という気持ちになる。そして驚くべき結末が待っている。

この作品はジャーナリズムとは何かを問う小説でもある。

「自分に降りかかることのない惨劇は、この上もなく刺激的な娯楽だ。意表を衝くようなものであれば、なお申し分ない。恐ろしい映像を見たり、記事を読んだりした者は言うだろう。考えさせられた、と。そういう娯楽なのだ」とラジェスワル准尉は万智に語る。

「お前はサーカスの座長だ。お前の書くものはサーカスの演し物だ」と。小説の題名『王とサーカス』は、准尉のこの言葉に由来する。

准尉の言葉は万智を鋭く突く。彼女には、事件をスクープすることで、フリージャーナリストとしての地位をつかみたいという欲求を否定できないからだ。王宮事件と准尉殺害について調べながら、何のために記事を書こうとしているのか、万智は繰り返し自問する。外国人の万智がネパールの、それも王室内の事件を取材して、日本語で日本人向けに報道することの意味を問う。

その問いは、新聞や週刊誌を読む私たちにも突きつけられる。我々はサーカスの観客なのか。読者もまた自問自答しながら、この小説のページをめくるだろう。

『週刊現代』2015年8月15・22日合併号より

ながえ・あきら/洋書店勤務などを経てライターに。『そうだ、京都に住もう。』『「本が売れない」というけれど』他

米澤穂信・著
『王とサーカス』
 東京創元社 税別価格:1700円(税別)

2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!

よねざわ・ほのぶ/'78年生まれ。'11年『折れた竜骨』で日本推理作家協会賞、'14年『満願』で山本周五郎賞受賞

=> Amazonはこちら
 => 楽天ブックスはこちら 

* * *


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium