[BCリーグ]
福井・吉竹春樹監督「夏場のポイントは内藤と藤岡」

脱皮してほしい新クローザー・佐々木

 後期はここまで9勝6敗2分の首位。暑い中、先発投手がよく頑張っています。前期を優勝できたため、後期は試しながら勝つことが目標です。ポジションチェンジやいろんな起用法を試しながら、個人の能力を伸ばし、チーム力を高めていきたいと考えています。

 投手陣では抑えの藤野剛志を先発に回しました。彼は真っすぐに力があり、気迫で抑えるタイプ。前期は抑えを任せましたが、先発でも十分いけるとみていました。現状は気持ちの強さが空回りして力みにつながっている部分も見受けられますが、長いイニングを投げることに慣れて本来のピッチングをみせてほしいものです。

 代わって抑えにしたのが、佐々木勝一です。彼はボール自体はいいものを持っているのですが、気持ちが弱く、それを出し切れていませんでした。「オマエしかいない」と敢えて最後を託すことで一皮むけてほしいと願っています。失敗することがあっても、それをどう生かすかが大事です。抑えでの成長に期待しています。

 夏場を乗り切る上でのキーマンは内藤久文と藤岡雅俊でしょう。内藤は8日の信濃戦で先発し、8回2失点と好投して初勝利をあげました。彼の持ち味は力のあるストレート。決してコントロールはいい方ではありませんが、うまく緩急を使ってバッターを打ち取っていました。球数も100球を超えて、ひとつの自信になったはずです。これからも先発で使い続けたいと思っています。

 藤岡は先発のみならず、リリーフでもフル回転してもらう予定です。ここまでチームトップタイの7勝(2敗1S)をあげ、防御率は1.97。奪三振はリーグ2位の84個で前期優勝の立役者となりました。

 さらに上を狙うには、この夏場が勝負です。相手に研究され、暑さで体力が消耗する中、いかにストレートのキレを維持し、ツーシームやフォークボールでゴロを打たせるか。登板を重ねる中でシーズンを通じて結果を残す術を身につけてほしいと感じています。