たったこれだけ!
話を理解してもらうための「3つの鉄則」

「ビジネス説明力」養成講座【第3回】
〔PHOTO〕iStock by gettyimages

相手はあなたが話したいことをまだ知らない

よく、「結論から話せ」と言われますよね。ですが、これは半分は正しく、半分は間違いです。というのは、いきなり結論から言われても、それが"何の話の結論"なのかわからないからです。結論から伝えるべきなのは、相手が、今話している話題を知っている時だけです。

通常、みなさんが伝えたいことが何なのか、相手は知りません。プレゼンテーションのようにテーマを知ったうえで集まっている時は、わざわざ「今日はこれから、○○についてプレゼンします」と伝えなくてもわかるでしょう。

しかし、普段みなさんが何かを伝えるときは、ほぼ"いきなり"です。いきなり相手のところに行き、いきなり話しかけ、いきなり説明を始めます。そこでいきなり「ポイントは社風だと思うんです」と切り出しても、相手はみなさんが何の話をしているかわからず、まったく理解してもらえないでしょう。

これから何を話そうとしているのか、まずそれを伝えなければ、相手の理解度はかなり下がってしまうのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら