経営者は仕事中に運動せよ!
〜科学に裏付けられた究極の"ポジティブ心理学"

トム・ラス著『座らない! 成果を出し続ける人の健康習慣』より
〔PHOTO〕iStock by gettyimages

【はじめに】はこちらをご覧ください。
【第1章】はこちらをご覧ください。

訳者あとがき(加筆・修正版)

仕事中に運動して汗を流す

経営者は仕事中に運動して汗を流し、社員に対して模範を示せ---。

これは本書『座らない! 成果を出し続ける人の健康習慣』の著者トム・ラス氏のメッセージです。

日本で社員が勤務時間中にスポーツジムへ抜け出したらどうなるでしょうか。「心身ともに健康を維持して生産性を高めるため」と言い訳しても、誰も納得してくれないでしょう。褒められるどころか大目玉を食らうのは間違いありません。

何しろ、サービス残業や有給未消化などを当然視する「エコノミックアニマル」体質が今も根強いのが日本なのです。最近では「ブラック企業」問題も深刻です。過労死は海外でも広く知られ、「karoshi」が英語として定着しているほどです。

それだけにラス氏のメッセージは日本人ビジネスマンには衝撃的に聞こえるのではないでしょうか。本書のキーワードの一つはウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に良好な状態)。過労死はそれとは対極にあります。

米国で広がる「健康経営」

アメリカでも働き蜂文化が残っていますが、ウェルビーイングへ軸足を移す動きはどんどん広がっています。日進月歩の変革が起き、とりわけ激しい競争が繰り広げられているIT(情報技術)業界も例外ではありません。

たとえば米グーグルの本社キャンパス「グーグルプレックス」。広大なキャンパス内にはスポーツジムがいくつも設置され、昼間から社員が汗を流しています。一方で、ジムの外はまるでサイクリング場。会社提供の自転車が至る所に置かれ、移動時に社員が自由に乗り回しているのです。