現代新書
誰も本気で米国と戦争するなんて思ってなかった〜「壁新聞」が伝えた開戦間際の「日米友好」
【特別公開】井上寿一=著『戦前昭和の社会』3
靖国神社を訪れる米アストリア号乗組員(同盟通信写真ニュース1939年4月21日号)。写真壁新聞は日中戦争下の「日米友好」をしきりに演出していた。しかし、第二次欧州大戦の勃発以後、戦争指導者ヒトラーを肯定するものに変わっていく。

戦時中、日本人が触れていたメディアは新聞、雑誌、そしてラジオが主なものだったが、もうひとつ忘れてはいけないのが、「国策」通信社が発信していた「写真壁新聞」である。国家の意思が強くにじむこのメディアは、国内外の情勢をどのように伝えていたのか? 

権力者たちが実は日米開戦のギリギリまで「米国」と「枢軸国」のあいだで揺れていた様子を読み解いていこう。

(*井上寿一『戦前昭和の社会 1926-1945』より「Ⅳ章 カリスマ待望と戦争」を4回に分けて特別公開)


 

写真壁新聞というメディア

『同盟通信写真ニュース』

昭和の国民は、国内外のニュースをラジオや新聞、雑誌から得ていた。大衆社会状況を背景に、速報性を競っていたメディアのなかで、ユニークな存在だったのが『同盟通信写真ニュース』である。

政府は1936(昭和11)年1月、民間の通信社を統合し、国家機関に準ずる同盟通信社を設立する。この国策通信社は「新聞に読む/ラヂオに聴く/映画に見る/同盟」のキャッチフレーズが示すように、主要なメディアに対するニュースの供給源だった。

「日本の声は同盟から世界へ/世界の動きは同盟から全日本へ」。同盟通信社は国内外の情報の発信と受信の拠点となった。

その同盟通信社が創設の当初からはじめたのが『同盟通信写真ニュース』である。同盟通信社は、日刊で同じ日に一種類約10万部、数種類の写真ニュースを発行する。国民は、学校や工場、鉱山、農村、商店などで、この写真ニュースを壁新聞のようにみるようになる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら