現代新書
「事変不拡大」を模索した近衛文麿は、なぜ「日中戦争の泥沼化」を止められなかったのか
【特別公開】井上寿一=著『戦前昭和の社会』1
戦前、国民的な人気を博していた近衛文麿はラジオが作ったカリスマだった〔photo〕Getty Images

国家と国民が一体となって戦争を遂行する。そこには国家と国民を直接、結びつける多様なメディアの発達があった。そして、メディアは近衛文麿というカリスマを作っていく……。

なぜ、この国は戦争をエスカレートさせていったのか? メディアは戦前の社会をどう変えたか? 井上寿一『戦前昭和の社会 1926-1945』より「Ⅳ章 カリスマ待望と戦争」を特別公開(全4回)。


ラジオと戦争

ラジオのカリスマ・近衛文麿

近衛文麿はラジオが作ったカリスマである。

近衛の伝記は、近衛が国民的な人気を博していたことをつぎのように表現している。

一般の人気は湧く様であった。五摂家の筆頭である青年貴族の近衛が、総理大臣になったということが、何かしら新鮮な感じを国民に与えたのだ。……近衛があの弱々しい感じの口調でラジオの放送などすると、政治に無関心な各家庭の女子供まで、「近衛さんが演説する」といって、大騒ぎしてラジオにスイッチを入れるという有様だった(矢部貞治編著『近衛文麿 上巻』)。

近衛は自己の印象操作のために、ラジオを巧みに利用した。首相の親任式の直後から、近衛はラジオをとおして直接、国民に訴え、あるいは語りかけた。1937(昭和12)年6月4日は「親任式を終えて」、盧溝橋事件後の7月27日は「政府の所信」、9月5日は「政府の所信について(帝国政府の決意)」というように、重要な演説はラジオをとおしておこなっている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら