世界経済
アベノミクスに完敗!
韓国経済の低迷が止まらない

ウォン安が景気を圧迫?
【PHOTO】gettyimages

回復シナリオは描きにくい

足元で、韓国経済の減速が鮮明化しつつある。中国への依存度が高い韓国にとって、中国経済の景気低迷が響いている格好だ。特に、韓国経済の中心的であるサムスンは、スマホの販売が伸び悩みなこともあり先行きに厳しい見方が出ている。それに伴い、ウォンの下落が鮮明になりつつある。

米国の利上げが近づいているだけに、ヘッジファンドなどの投機筋は、新興国中心に株式の保有高を減らし、ドル買・新興国通貨売りのオペレーションを進めるだろう。それは、ウォンなどの下落圧力を高めやすい。その結果、さらなる通貨安は、株価の一段の下落や景気下振れリスクにつながる可能性が高まっている。

4~6月期、韓国の実質GDP成長率は前期比で0.3%だった。昨年4~6月期以降、5四半期連続で前期比ベースの成長率はゼロ%台に落ち込んでいる。

主な要因は、輸出の不振と消費の伸び悩みだ。ウォン安が進んでいるにもかかわらず輸出が落ち込んでいる。中国経済の先行き不安もあり、景気回復への期待は高まりづらい。また、MERS(中東呼吸器症候群)の感染流行は、外出の抑制や海外からの観光客の減少につながったと考えられる。

輸出の不振には中国経済の成長率低下、世界的な需要低迷が大きく影響している。同時に、韓国経済の競争力低下も無視できない。特に、サムスン電子や現代自動車といった主要企業の業績低迷は先行きの景気下振れリスクを高めている。

スマートフォンのギャラクシーで有名なサムスン電子の場合、2015年第2四半期まで、7四半期連続の営業減益が続いている。現代自動車は中国での競争に苦戦を強いられている。主要企業の業績拡大期待が見込めない環境下、韓国経済の成長期待は低下し、雇用や消費を取り巻く環境も軟調に推移しやすいだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら