[ボクシング]
杉浦大介「メイウェザーはなぜアンドレ・ベルトを対戦相手に選んだのか」

ファン、関係者が望まぬカード

対ベルト戦の発表会見は、当然のように前戦のパッキャオ戦とは比べものにならないほどに注目度の低いイベントとなった。Photo By Esther Lin/SHOWTIME

 当初は誰もがジョークだと思ったカードが本当に実現することになった。

 9月12日にラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで予定されている次戦で、無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザーはWBA世界ウェルター級暫定王者アンドレ・ベルトと対戦する。これまで48戦全勝の現役最強と呼ばれるボクサーにとって、これがShowtime/CBSとの6戦契約の最後の1戦となる。ただ……残念ながら、この試合の挙行にエキサイトしているファン、関係者はほとんどいないのが現実だ。

 31歳のハイチ系アメリカ人、ベルトはここまで30勝(23KO)3敗。台頭期はスター候補と目され、世界ウェルター級王座にも2度就いている。

 しかし、過去6戦では3勝3敗と停滞中で、メイウェザーが圧勝したロバート・ゲレーロ、ビクター・オルティスに敗れ、2013年7月にはジャーニーマンのヘスス・ソト・カラスにもTKO負けを喫した。攻防ともにやや中途半端な印象があり、現時点で“トップボクサー”とはとても言えまい。

デヴュー直後にニューヨークで試合を行った頃のベルト。期待されたが、やや伸び悩んだ。

 そんな中堅選手が相手なのだから、勝敗予想は当然のように圧倒的にメイウェザーに傾いている。ベルトの打たれ脆さを考えれば、2011年のオルティス戦以来のKO勝利も十分に考えられるはずだ。

 現在のウェルター級の層は薄くはない。マニー・パッキャオとの“世紀の一戦”が終わった後でも、メイウェザーの挑戦者により相応しい選手は存在する。ミドル級最強のゲンナディ・ゴロフキン、トップランク所属のティモシー・ブラッドリーらは非現実的だとしても、アミア・カーン、キース・サーマン、ダニー・ガルシア、ショーン・ポーターといったアル・ヘイモン傘下のウェルター級勢は正当な実績を積み重ねてきた。

「俺の次の相手はベルトかカリム・メイフィールドのどちらかだ」
 パッキャオ戦の直後から、メイウェザーが公の場でそう語り続けていたのは事実だった。それでも、名前が挙げられた選手たちの近況が冴えないこと、他により適切な候補者がいるという2つの理由で、“ベルトが有力”という言葉はメイウェザー得意の冗談だと多くのメディアから考えられていたのである。