雑誌
ソニー・JAL・みずほ銀行・野村證券……
一流企業 社史には書かれなかったわが社の「人事抗争史」

ストリンガー氏、平井氏に対する不満分子が動いた〔PHOTO〕gettyimages

権力に取りつかれた男がいて、正義感から動いた男がいる。嫉妬が高じた者もいれば、人事ゲームに明け暮れた者もいる。人事抗争は人間ドラマ。だから怖くて、おもしろい。

1.ソニー
幻のクーデター計画があった

ソニーで極秘クーデターが計画されたのは、2005年から'12年までトップに君臨したハワード・ストリンガー時代末期のことである。幹部や有力OBらが中心となり、「第二のソニープロジェクト」が進行。仲良し集団を形成し、ソニーらしさを破壊し続けるストリンガー一派から、経営の主導権を取り戻そうとの動きが勃発した。

'05年に出井伸之氏から後継指名されたストリンガー氏は、ソニーの本業であるエレキ事業を軽視し、ゲームなどのエンタメ事業に傾注。人事面でも、「英語が話せてハワードにおべっかを使える『お気に入り』を重用し、優秀でも意見をするような人間は生意気だと排除し始めた」(元幹部)。

上層部と現場が白熱議論を交わし、独創的なアイデア商品を次々に生んでいく。そんなソニーらしさは鳴りを潜め、人事的報復を怖れる空気が広がり、嫌気が差した人材の流出が目立ち出した。

「経営幹部の間では、ハワードの仲良しクラブ一派と、かつてのソニーらしさを取り戻すべきだという一派との間に確執が生まれた」(当時のソニーの内情をよく知る人物)

あるストリンガー派の役員は、自分が嫌いな役員の海外出張時にあえて重要な会議を設定した。ストリンガー氏に進言したため昇進が止まった幹部は、ストリンガー一派から指示された案件がわざと潰れるよう動くようになった。当時の内部は、そんな惨状だった。

あるOBは言う。

「事態を見かねた大賀(典雄・元社長)さんがハワードを諫めたが、聞く耳を持たなかった。反ハワード派は、井深(大)さん、盛田(昭夫)さん、大賀さんに育てられたチルドレン。ハワードが大賀さんや盛田さんをバカにしているとの話が広まると、内部対立は抜き差しならなくなった」

業績は'09年3月期から3年連続で最終赤字。その間にも、ストリンガー氏は4億800万円('09年度)、3億4500万円('10年度)と高額報酬を得ていた。社内の不満が爆発寸前に達しようとした中で、冒頭のクーデター計画が始動する。

現役幹部は目立つため、中心となって動いたのは有力OBたち。ストリンガー氏はトップ就任早々に顧問制を廃止しており、うるさ型を遠ざけようとする動きにOBの不満も募っていた。そんなOBたちが社外取締役に対して、「このままではソニーがぶっ壊れる」と、ストリンガー降ろしを説得して回り出したのである。

ストリンガー氏を退陣させたうえで、短期リリーフでソニーらしさを体現するOBをトップに据える。その間に人心の荒廃を立て直し、後継者を探してバトンを渡す。そんな構想は順調に進んだかのように見えた。'12年2月、ストリンガー氏が社長兼CEO(最高経営責任者)の座を降りることを発表したためだ。

しかし、ストリンガー氏は同時に、取締役会議長かつ代表執行役として残ると発表。さらに、後任にはストリンガー氏最側近の平井一夫氏が指名された。形の上ではCEOから降りるものの、ストリンガー体制が強固に温存される形だった。

「結局、クーデター計画は失敗に終わった。社外取締役を説得しきれなかったのが大きかった」と当事者の一人は語る。社外取締役の中には、多忙すぎて実質的に機能しない名誉職同然も少なくなかった。そんな人をいくら説得しても、危機感が薄いから響かない。一方で、「ハワードは彼らの懐に入るのがうまく、取り込んでいた」(前出・ソニーの内情に詳しい人物)。

クーデターメンバーはそれでも諦めずに、次に「第二のソニープロジェクト」に動いた。

ソニー本体からエレキ部門を切り出した新会社を作ったうえで、その株式を取得。ストリンガー氏らにはエンタメ部門を渡し、自分たちはエレキに特化した「第二ソニー」を船出させようと目論んだ。株の買い取りから資金調達まで詳細な計画が練られたが、結局は頓挫する。関係者は言う。

「誰が中心になるか、誰が新会社のトップに立つか。その先頭に立とうとする人がいなかった。OBは年を取り過ぎていて、現役は勇気がなかった」

これ以降、反ストリンガーの動きは急速に萎んでいった。

実はソニーでは以前には、「出井降ろし」が行われている。当時は社外取締役もソニー分裂の危機を察知し、出井氏を勇退させようと動いた。

「当時、次期トップの第一候補は副社長の久夛良木健氏。しかし、出井氏は久夛良木氏と対立していたので、道連れで退任させた。そして後継には、自らに近いストリンガー氏を選んだ」(出井氏に近かった人物)

そんなストリンガー氏が子飼いの平井氏を後継指名したのは、歴史の繰り返しか。「平井ソニー」の業績は芳しくないが、それでも責任は取らない、しかも高額報酬を得るというストリンガー流は継承されている。その様はもはや悲劇を通り越して、喜劇にしか映らない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら