雑誌
【スクープ!】安倍総理がもっとも恐れる男 
自民党総務会長・二階俊博、その「黒い人脈」

官邸もその意を汲まざるをえない実力者、二階俊博〔PHOTO〕gettyimages

森功(ノンフィクション作家)

3000人を引き連れて訪中するなど、このところその力を見せつける場面の多い二階自民党総務会長。「最後の派閥の領袖」といわれる政界の実力者を、裏で支えていた男はどんな人物だったのか?

「お世話になりました」

その通夜は昨年10月19日、関西国際空港から車で30分足らずの大阪・泉南市の斎場「シティホール泉南」で執り行われた。

「二階俊博先生です」

200人ほどの弔問者に向け、アナウンスが流れると、本人が弔辞を述べ始めた。

「辻野君とは非常にいい関係だったし、お世話になりました。本当にいい男だった」

野辺送りされた人物は、辻野産業社長の辻野源治という。大阪や和歌山の政界関係者で知らぬ者がないほどの有名人である。

自民党総務会長の二階俊博は、とりわけ辻野と親しい。多忙を極める党三役の身で、4日前に急逝した辻野の夜伽に駆けつけたのも、そのためだ。

参列者たちも、その弔問を当然のことと受け止め、驚きはない。喪主を務める息子の匡隆に目線を送って焼香を済ませ、しばらく故人に思いを馳せた二階は、20分ほどで葬儀場をあとにした。

「二階先生は翌日の葬儀には姿を見せませんでしたけど、12年ほど前に亡くなった辻野社長の奥さんのときは、通夜だけでなく葬儀にも出てたはずや。それぐらい仲が良かったですよ」