雑誌 企業・経営
15年連続「輸入車ブランド別販売台数No.1」フォルクスワーゲン、強さのヒミツ
フォルクスワーゲングループジャパン庄司茂社長に聞く

経営者は何が起きても自分の責任。イベントの日に台風が来て、売り上げが伸びなくとも自分のせいですから(笑)。

ドイツ語で「国民車」の意味を持つフォルクスワーゲン(以下「VW」)。その日本法人であるフォルクスワーゲングループジャパンの庄司茂社長(52歳)を取材した。15年連続で「輸入車ブランド別販売台数No.1」を達成し、7月には新型『パサート』を発表した同社。その好調の理由などを聞いた。

* * *

しょうじ・しげる/'63年、神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、'85年に伊藤忠商事へ入社。自動車関連事業に携わり、'94年からマツダモーターハンガリー、'09年からスズキモーターロシアと、伊藤忠商事が出資する現地法人の社長を務め、'12年8月より現職

二面性

物事の二面性、裏と表について考えるのが好きです。例えば、何かいいことがあってもすぐ忘れるように心がけています。成功した時にも、運のような環境要因があって成功しているわけで、同じような環境は二度と巡ってきません。成功体験が頭にあると、それが足を引っ張ってしまう場合もある。自動車販売の仕事が好きなのも同じ理由です。

新車の発表のようなゴキゲンな仕事がある一方、高品質を実現する地道な取り組みがある。例えばVWの車は高速道路にある路面の継ぎ目などでも、ドライバーに起伏を伝える程度に揺れ、その後は一瞬で安定するんです。楽しいことだけって嘘くさいと思います。

違和感

小学校5年生の時に父が英国へ赴任し、中学校1年生まで、ロンドンで暮らしました。これが良くも悪くも、私のダイバーシティ(多様性)に関する考え方の基礎になりました。

例えばイタリアでは、食後のデザートの直前にサラダを食べます。でも、これに違和感を持つのは、日本の常識を身につけたあとだからです。小学生だと比較対象がないから「そんなものか」と受け入れるしかない。帰国後、大学卒業までは悩みました。英語には敬語がないため私は話せず、目上の方と関わる場面でたびたび「なぜお前はぞんざいな口をきくのか」と殴られたりしました。散々ですよ(笑)。でも「自分が当然と思っていることが当然ではない」という、ダイバーシティの感覚で乗り切ることができました。